不安神経症のリハビリの最中乳がんに。「なんでまた私なのよー!!!」と嘆いてもいられず・・・怒涛のしこり発見~治療記録の赤裸々本音ブログです

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

体調が絶不調の私ですが、それはおいといて・・・

ずっと書くと言って書いてなかったので書こうと思います。
って、そんな大したことではなく・・・


ちょうど前回の乳腺外科の診察の前、健側(左)の乳頭が痛くて痛くて、
どうしようもなかった。

術後ホルモン治療が始まった頃、左の乳頭がそれ以前より大きくなって、
なんだろう?・・・・と思っていたので、もしや乳頭が乳がんに?!と
怖くなって、T主治医に訊いてみた。
そこまで強い痛みではない痛みは、ちょくちょくあったし。


「エコーでわかりますか?乳頭に出来た乳がん」

「わからないことはないですが、乳頭はエコーでもみづらいです。
でも乳がんは痛くないですから」


とT主治医の言葉にとりあえず一安心。

(というか、その後痛みは治まったのでとりあえずどころか安心w)


ついでに乳頭が大きくなったということも訊いた。

「ホルモンバランスのせいですか?」

「そうかも知れませんね」

とこちらは曖昧な返事。


ちなみに右の患側は、放射線が当たっているので委縮してそのまま。
左だけが大きくなってるのはなぜだ!!

若かったら縮小する整形受けてる。


そういえば、患側の胸の形が気になっていて、自分の脂肪を入れたい!と、
術後しばらく言っていたのに、もうどうでもよくなった。

それより健側の下垂の方がはるかに気になる。
でもこれも、もういいかな、なんて、、もうちょっとしたら思えるようになるだろう。



ということで、次回の予約が5月に入っていたけど、
今月23日に総合診療科の予約を入れたので、3月の終わりに予約を23日に変更したいと
電話を入れ、T主治医に伝えておいてもらって、後日確認の電話を入れた。

そしたら、ちょうどいい時間に入れてくれて、
T主治医、ナイス!!w

今月、慢性疲労症候群の診察の時にノルバデックスの副作用の可能性はないかと
そちらの主治医が添付書を見てくれた。
私は倦怠感と書いてあるのは知ってたけど、黙っていた。

そしたら、「一応倦怠感と書いてありますね」と言っただけ。


そのこともあって本当はノルバデックスやめたいんだけど、
また処方してもらうと、もう決めている。

はあ・・・・ あとどれくらいだっけ。

2010年11月で10年。

あと、2年と7カ月か~・・・まだかなりあるね。
10年は長い!長すぎる!息切れ通り越してるよ。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

タイトルに書いた通りで、本文書く必要ないよw

さっきから、二の腕内側がズキズキ痛いったらありゃしない。
気圧が下がってるでもないのにね。

術後7年半でこれって、多分一生だわね。

まあ、常に痛いわけではないのでいいのだけど・・・・
じゃあ書くなー ネタがないので書いてみましたよ。


あ、今回初めて訪問されてご存じない方の為にまた書きますが、、


センチネル生検をすると、二の腕内側と、脇の下の少し背中側の神経に影響が出ます。
痛みが出るんですよね。

それで気圧が下がる時などに特に痛くなる。というわけなんです。


それと、書く書くと言って全然書かないですね。
えっとですね、乳頭が痛かったんですよ!!乳頭が!

それで、、あ、カテゴリが違うので書けないや(*´Д`)
また明日にでも←ほんとーかーw


※ちなみに妥当なカテゴリーがなく、センチネルのリンパ浮腫カテゴリーに書いています。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク