子宮がん検診結果と乳がんホルモン治療

ここでは、「子宮がん検診結果と乳がんホルモン治療」 に関する記事を紹介しています。

スポンサードリンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

■2011年1月20日(木)


先週、子宮がん検診を受けた婦人科へ結果を聞きに行った。

「結果が怖くてなかなか来れませんでした」と言うと
笑われてしまった。

それだけでなく、他の婦人科を受診し、ある病名の可能性があると言われ、
切除し病理に出されたことも話した。
他へ受診した理由は、まあいいように取り繕ったが、バレてるかも・・・

この女医さん、ヘルペスでないのに、ヘルペスの塗り薬を出していた訳だが、
「初期なら、この塗り薬で治ることがありますから」と。


ええええ・・・・

それにやはりその病気とは言えない、患部だったようだし、
もしそれが本当なら、2つ目の婦人科の方が誤診だったのかも・・・・

それと気にしていた陰部外側の炎症。
すでに治まってきたから、今は気にならないですよと言われてたが、
やはりノルバデックスの影響で、中は乾燥しているし、
外側だって乾燥するだろうし、そうすれば菌が侵入しやすく炎症も起きやすいとのこと。

「切れたくらいですから、炎症はあったと思いますよ」

2つ目の病院はあくまでも何ともないと言うので、
この女医さんの言葉に本当に安心した。
そもそも何ともないのに、切れる訳がないんだから。

今回は炎症を抑える塗り薬を貰って、
もしまた切れたりしたら、早めに塗るようにと指導される。

肝心な子宮がん検診の結果は、頚がん体がん共に異常なし。
頚がんは33歳に受け初めてから、ずっとクラス2だったのに、
今回はクラス1になっていた。そんなことってあるんだ。

ともあれ、婦人科に関しては
一昨年からの疾患が今また微妙な状態なので、油断出来ないのだが、
がんの結果が良かったので、ひとまず一安心だ。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nyuugannikki.blog76.fc2.com/tb.php/77-cfb1d198
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。