術側の腕の、かぶれと虫刺されのその後

ここでは、「術側の腕の、かぶれと虫刺されのその後」 に関する記事を紹介しています。

スポンサードリンク


先週金曜日に術側の腕に、湿疹と虫刺されの跡があると気づいて、
土日なので様子見していた。

蚊に刺されたと思っていた箇所は、痛みとかゆみがひどく
それだけでなく腫れまで(´;ω;`)

こりゃどうも蚊ではなく、アリだなと。


以前同じく術側の腕をやけどした際、ドラックストアで抗生物質の軟膏を買ったので、
それを塗ろうと救急箱から出してきたら、消費期限切れ(*´Д`)

土日様子見して、月曜日に治まる気配がなければ
皮膚科を受診しようと思っていたら、月曜にはかぶれも虫刺されも
少し治まっていたので、受診はしなかった。


これから庭に出る時は、長袖着なくては。
木に触らないよう、虫に刺されないよう。



それと、術後5年が過ぎて、今まで書いたホルモン治療の副作用のその後を
少し書いていこうかな、と思っている。

検索で訪問してくださる方が、まだ(少しだが)いらっしゃるので、
その後の経過を書いた方がやっぱりいいよな~と思って。

もちろん私の記録としても。


それにまだホルモン剤は飲んでいることだし、完結はしてないもんね。

もうちょっと更新せねば!


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nyuugannikki.blog76.fc2.com/tb.php/650-ba735aa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック