ホルモン治療中に女性ホルモン値を計測する場合 続編

ここでは、「ホルモン治療中に女性ホルモン値を計測する場合 続編」 に関する記事を紹介しています。

スポンサードリンク


忘れないうちに、と・・・・・・

以前(2013年12月)、ホルモン治療中にホルモンの値を測ったらどうなるかという
記事を書いた。


ホルモン治療中に女性ホルモン値を計測する場合



◎閉経の状態

E2(エストラジオール)の値が充分に低く、
下垂体からの卵胞刺激ホルモンFSH、黄体形成ホルモンLHが高くでる。


◎タモキシフェンを服用中

エストロゲンが増えているように下垂体が感じるので、FSHやLHが下がる。
閉経か調べる場合、服用を中止しタモキシフェンの影響がなくなる2~3か月後に採血をする。



ずっと疑問だったのは、タモキシフェンを服用中、エストロゲンが増えているように
下垂体が感じるとあるが、
その時、E2(エストラジオール)の数値は高くでるの?ってこと。

それをずっと質問したかったので、訊いてみたら
「それはそれなりに出るけど」

と言うので、「服用中はFSHやLHが下がるから、閉経と判断出来ない?」と訊くと
その通りで、

それに、
「タモキシフェンのせいで、E2が高く出る人もいる」とのこと。

「ああ、じゃあやっぱり正確には測れないんですね~」と、解決。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
私も来年2月で乳がん告知から丸5年です。
ずっと、検査はクリアしてきたんですがここ2カ月くらい、術側の腕が痛くて不安にかられています。
来週、MRIですT_T
キオさんのブログを拝見して、勇気をもらっています。
またUPされるのを楽しみにしています。
2016/05/14(土) 11:00 | URL | あや #CdZr6Rfc[ 編集]
いらっしゃいませ! コメントありがとうございます^^
術側の腕の痛み、心配ですね。
でも肩関節周囲炎のような気がします。私も肩より腕が先に痛くなりましたよ。
動かさないこと、放射線の影響、が原因みたいです。
そんなこと知らないから、まさか!とすごく不安になりました。
なにごとも、と言っても肩関節周囲炎もリハビリやら大変なんですよね(T∇T)

勇気だなんて言ってくださって嬉しいです。
細々と更新は続けて行きますので、またいらしてくださいね^^

2016/05/14(土) 16:03 | URL | キオ #NNZ72WTo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nyuugannikki.blog76.fc2.com/tb.php/643-8c196923
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック