消化器内科受診 釈然としない診断

ここでは、「消化器内科受診 釈然としない診断」 に関する記事を紹介しています。

スポンサードリンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

昨夜痛みが復活したので、本日消化器内科を受診した。

罹った病院は、乳がんの告知をされたのと、今耳鼻科で罹ってるI市民病院。
予約なしだが、割りと早く呼んでもらえた。


問診をし、診察台へ。
お腹を押し、痛みのある場所を訊かれる。

その後レントゲン。
立位と仰向けに寝た状態の2枚撮影。


そして再び診察室へ。

レントゲンフィルムを見ながら、腸の説明を受ける。
左上辺りにある黒い大きな影は、ガス。
反対側にも小さいのがいくつかある。

全体的に多いという訳ではないが、局所的に大きく溜まってる箇所がある、
これが症状として出ているのではないか、と言う。

「胃腸風邪ということはないですか?」と訊ねてみたが、
「違うと思いますよ」とのこと。

というのも、病院へ行く前に、月曜日に処方されたノルバデックスを取りに、
調剤薬局へ行ったのだが、その時に薬剤師さんに腹痛が治らないので、
今から病院へ行くと話したのだ。

その時に、「腹痛だけの胃腸風邪なんてないですよね~」というと、
「あるよ」と言うのだ。
「それだったら安心だわ」と言って出てきたのだ。


薬の処方は、

ガスコン錠40mg (ガスを取る薬)
パントシン錠100 (腸の動きをよくする薬)


パントシンをいうのは後で調べたら、パントテン酸、すなわちビタミンB5だった。
だったらそう薬剤師さんも言ってくださったらいいのに・・・・

便が柔らかいのに、なぜこのパントシン錠が出されたのだろうと不思議がっていたから。
それに、中性脂肪やコレステロールの量を下げる作用もあると書いてあって、
私が不安がってたから。

もし服用して便がゆるくなることがあったら、やめてくださいね、と言われたが、
一回飲んだだけでそうなったので、一回でやめた。


2週間分の処方。治れば飲みきりで終わり。
治らなければ、また来て。内視鏡検査とか考えましょう、と言われた。


釈然としない。

確かにガスは溜まっていた。
でもお腹が張って痛みが出ることは今までにもあった。
でも今回はそこまで張ってる感覚がないし、こんなに続くのも初めだし、
そもそも痛み方が違う気がする。そこが一番気になる。

そしていろいろ検索していたら、20代で大腸がんになった男性のブログにたどり着いた。
他のサイトにも書いてあるが、大腸がんって便が細くなったり軟便になったりする。
そういう私も、お腹に張りと軽い痛みが出だした頃から、
細いんじゃないかと思ってた。

まさか?・・・・


治らなかったら、この病院には行かない。
内視鏡検査になるだろうから。

内視鏡検査をするとしたら、私は大腸CTを受けるつもりでずっといたから。

ここから車で30分以上かかるけど、大腸CTをやってる消化器専門病院がある。
近所のおばさんが大腸がんの手術をした病院で、
以前から大腸CTの話を聞いていたのだ。

撮影に5秒×2パターン。合計10秒の検査。

下剤も200mlとバリュウムを飲むだけで済む。


もちろん、今日の薬で治って欲しいと思っているが、
なんだか釈然としないのだ。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

コメント
この記事へのコメント
もし、本当に腸のことが心配なら、内視鏡検査された方がいいと思います。
ただしどこの病院でもいいというわけではなく、条件があります。まずとったほうがいいポリープが見つかった時にその場で取れること(二度やるのは手間ですから)、鎮静剤などを用いてできるだけ検査時の痛みがないこと(これは病院の口コミで見るといいでしょう)地域の大腸内視鏡検査でお勧めのところを検索すると、いい病院ランキングが出てくるでしょう。飲む下剤の量は残念ですが、どこも二リットルでしょう。
CTがどのくらいの精度かはわかりませんが、微妙なものは組織を取るなど内視鏡でないと判断がつかない可能性があります。
何故、こんなにお節介に言ってるかというと、夫と弟が大腸がんになったからです。
夫は、便鮮血反応陰性でよかったね、と言ってたら三ヶ月後に下血。内視鏡で調べたら大きいポリーブがあり、とったら一部ガン化してました。
弟は、突然の大量下血で入院。大腸ガンだったので手術しました。確定診断は内視鏡でしかわかりませんでした。

検査は悩んでいるよりやったほうが早いです。小さなポリープのうちにとってしまえば,がんになる率が極めて低くなります。
2015/08/21(金) 01:37 | URL | じゅん #-[ 編集]
いらっしゃいませ。コメント有難うございます。

この病院は手術件数も多く地元でも有名らしいです。
HPには、CTとカメラのメリット・デメリットが書かれていて、
じゅんさんのおっしゃる通り、病変があった場合採取は出来ないので、
カメラをする必要が出てくるとありました。
反対にCTのメリットはカメラでは見えない、ひだに隠れた病変も見られるとありました。
私は二度手間になっても、最初はCTでと思っているので、
腹痛が治らなければ、近いうちに受診しようと思っています。

御身内でお二人も大腸がんに罹られたのですね。
大腸がんはトップに来ているようですので、私も他人ごとではないと思っています。
御親切にコメントありがとうございました。
2015/08/21(金) 09:50 | URL | キオ #NNZ72WTo[ 編集]
CTで何かあったときは、内視鏡でという考えは、いいと思います。検査時間は短いので二度手間といっても、内視鏡を2回やるよりはずっと楽だと思います。
一方便鮮血検査は、あくまでも詳しい検査を受けさせるきっかけみたいなもので、過信しないほうがよさそうです。
お腹の調子よくなるといいですね。
2015/08/21(金) 19:09 | URL | じゅん #-[ 編集]
こんばんは。
薬が効いたのか、今日は痛みが減っているので、
もう少し様子見することにしました。
でも一度も検査したことないので、いい機会だとも思っています(笑)
2015/08/21(金) 22:32 | URL | キオ #NNZ72WTo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nyuugannikki.blog76.fc2.com/tb.php/622-c0c96f3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。