33歳から受けたきた乳がん健診

ここでは、「33歳から受けたきた乳がん健診」 に関する記事を紹介しています。

スポンサードリンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

■2010年8月29日記

33歳から毎年受けてきた乳がん検診。

最初は町の集団検診で左胸にしこりが見つかった。
結果が送られてくる2週間が待てず、乳腺外科を受診。
細胞診の結果良性。

「乳腺がしこった」

と医師はしきりに言っていたが、しこったって何だ?
と未だわからない。
ともかく乳腺自体が傷がついた、、、ような事言ってたっけ。

翌年も同じく集団検診だからひっかかり
同じ病院で細胞診。やはり良性。

集団検診じゃらちがあかんと、今度は町からの医療機関での健診に変更。
全く無知な私は、実施してる病院から婦人科を選び受診。

右胸に線維線種とやらがあるらしいと、
医学書を見ながら説明され経過観察となった。


翌年やっと以前かかった乳腺外科へ直接受診することとなった。
で、その線維線種。大きくなってるからと細胞診の針を刺したところ、
のう胞だと判明。

なんじゃい。婦人科医師ならともかく、乳腺外科の医師がわかんのかい。
まあ、ともかく一安心。


だが・・・・一緒にずっと受けていた友人が
2年前その病院で乳がんが見つかった。

しばらく経過観察をしていての発見。
そんな病院でこれ以上健診を受けれないと判断し、
翌年から近くのI市民病院へ受けに行くことになる。

それが波瀾の幕開けになるとは、その頃の私は知るよしもなかった・・・・


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nyuugannikki.blog76.fc2.com/tb.php/6-7a86ba4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。