腰痛 乳腺外科と総合診療科共に同じ診断

ここでは、「腰痛 乳腺外科と総合診療科共に同じ診断」 に関する記事を紹介しています。

スポンサードリンク


日付が変わったが、今日(12月8日月曜日)は
乳腺外科と総合診療科受診。


まずは乳腺外科。

かくかくしかじか・・・・と腰痛の経緯を話すと、

「ねんざとは違うから、挫傷だね」



おおおおおお、昨日記事にしたメルクマニュアルに書いてあった
挫傷だ挫傷だぁ!!(←私の心の中)



「回復傾向にあるなら、様子見てみたら?
それか整形外科受診するか」


前かがみの時の痛みは減ったけど、
体勢変えなくても痛みが出てきたし・・・・・


(CTがあるから)N大の整形の予約をしようと思ったと話すと、

「近所の整形でいいと思いますよ、まずは単純撮影だし」


うーーん、まさかの骨転移だとしたら、レントゲンでわかるのか訊ねると、

「わかる時もある」

そうだ。


「でね、先生、翌々日くらいから痛みだしたんですよ」

「これが20年前だったら、翌日出たでしょうね!」


はー、それ言っちゃいましたか(((;꒪ꈊ꒪;))) 




続いて、総合診療科。

乳腺外科は外科なので話したけど、総診は内科だし、
話さなくてもいいかな、といすに座ったら、


「腰痛いの?」とS主治医。


あら、カルテに書いてあるもんね。


そしたらここでも、「挫傷ですね」



やったーー、挫傷に決定~~!(←私の心の中)



「骨転移を心配してました」

「ここに、“転移兆候なし”って書いてありますよ」
と画面を見ながら言われた。


(お、T主治医そんなこと書いてたのか・・・)


「重いものを持ったのをきっかけに
ヘルニアにでもなってたら嫌だな~とも思ってました」

「ヘルニアだったら、腰だけじゃなくて足まで痛くなるでしょ」


(んーー、それはひどくなったらだよ・・・)



でも、挫傷決定~~


「整形行っても何もすることないよ、シップ出しておこうか?」

「お願いします!!」


と、ロキソニンテープ処方。



とまあ、とりあえず挫傷ということになり、
しばらく様子見となりました。

でも、いつもならこれくらいの時間座っていてもへっちゃらなのに、
今日は尾てい骨まで痛くなって、帰宅後は痛みが下の方に移ってきて、
なんか嫌な気分。はぁ・・・・

おまけに昨日からおなかの調子が悪いし、
なにやら腰周辺の具合が悪いであります。


でも挫傷。


あ!整形の診断じゃないけども!!


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nyuugannikki.blog76.fc2.com/tb.php/548-bea7a7d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック