認知行動療法 認知の歪みの定義

ここでは、「認知行動療法 認知の歪みの定義」 に関する記事を紹介しています。

スポンサードリンク


先日記事にした、認知行動療法のバイブルと言われている
「いやな気分よ さようなら」

辞書のような分厚さだったが、2/5は抗うつ剤についての記事なので、
思ったほどの量ではなかった。


まだ半分くらいしか読んでないのだが、
今日は「認知の歪みの定義」を載せることにする。
これが認知行動療法のメインになるもの。

精神科の主治医にも以前言われた。

「感情というのは自然に湧き出てくるものと思っているけど、
認知(考え方)を通して作られた結果なんですよ」

何か起こった時、認知が歪んでいれば、
間違った感情が作り上げられるということ。


文字数が多いので、画像を貼ることにする。

IMG_0857.jpg

IMG_0858.jpg

------「いやな気分よ さようなら」より------


笑った。あまりにも当てはまってるので、笑った。

本では、それぞれ詳しく説明されている。

で、認知行動療法とは、この歪みを正していくのだが、
感情の変化などを表に書いていく必要があるのだ。

なので、主治医は、「みんな書かないから、お勧めしない」と言ったのだ。

この本は不安よりうつに焦点を合わせているようなので、
不安に向けた認知行動療法の本を探しているところ。


******


認知行動療法について調べていたら、精神科医のサイトに行きついた。
わかりやすく書かれているので、貼っておく。

認知行動療法でうつ病も不安も解決


このサイトでも書かれているのだが、考え方を変えるより、
行動を変えた方が長持ちする。
考え方はうつろいやすいというのがその理由だ。

私の主治医が認知行動療法の、行動療法がメインにしているというのも
そういう理由なのかも知れない。

月曜日の診察でも言われた。
行動して「大丈夫」だということを知るのだ、と。

それと、今回初めて言われた。

「心配しながらでいいんだよ」と。

心配してはいけない、となると、意識してしまうから。

心配しながらでも行動してみる。
それでも大丈夫だったということを体験するしかないのだ。

散々な目にあったから、自分を守る為に身についてしまったやり方を
やめなければいけないのは、並大抵なことではない。

でも、失敗しても、何度もチャレンジするしかないのだ。

自分一人でやるより、専門についての方が間違わないと思う.............



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

コメント
この記事へのコメント
まるで、「わたし」についての説明書のようです。他にもこういう方が世間にはたくさんいらっしゃるから、こんな本がでるんですよね~(  ̄▽ ̄)
キオさんとわたしだけじゃないってことです(爆)
2014/08/29(金) 22:14 | URL | リセット #mQop/nM.[ 編集]
そうですね、うつや不安障害はよくある病気ですもんね。
ただ、私は長期になってしまったので、
考えのくせを変えるのは大変です。
あ、でも20年前に比べたら、すご~く改善しています。
あの頃は今と比べものにならない位、世の中が真っ暗に見えてました(笑)
2014/08/30(土) 00:42 | URL | キオ #NNZ72WTo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nyuugannikki.blog76.fc2.com/tb.php/514-2639e516
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック