乳腺外科受診 フェアストン止めようと思います

ここでは、「乳腺外科受診 フェアストン止めようと思います」 に関する記事を紹介しています。

スポンサードリンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

昨日乳腺外科を受診し、T主治医に相談。

結論、結局私次第........


今後の選択としては、次の通り。
長くなるが、頭の中を整理する為に書いてみる。


このままフェアストンで様子見
私:整腸剤や下痢止めで改善したとしても、薬が原因なら下痢止めなどをやめたら
またなるのでは?
それより、このふわふわふらふらが、不安だけとは思えない。

リュープリン+ノルバデックスに戻す
私:ノルバデックスの効果が全くないわけではないし。
T主治医:今まで飲めてたしね。

ノルバデックス単独
T主治医:リュープリンでガッチリ3年半近く生理を止めてきたので
(治療はしっかり出来てた?)ノルバ単独でもいいのではないか。
私:CYP2D6遺伝子検査の結果が*1*5で単独は怖いが、リュープリン止めてすぐにエストロゲンが
通常通りにはならないと思うので、選択の一つとしてありかも。

リュープリン単独

T主治医:希望すればやるが、効果はわからない。


ここで、私からアロマターゼ阻害剤の選択はあるか訊く。

その前に、ホルモンの値を測定するのに、ホルモン剤を服用しながら出来るという医師もいるのだが、
T主治医に再度訊ねると、やはり、正確に測定するのなら、
ホルモン治療を中止して3か月後ということに変わりはないようだ。
そこで疑問だが、リュープリンを終了して生理が復活するのに、約9か月ということだが、
それ以前に測定しても、正確にはわからないのは?ということ。

そしたら、卵巣が生理を起こすまで復活をするのに、その時間を要するだけで、
エストロゲンの値は上がってくるとのこと。
それを踏まえて..........


アロマターゼ阻害剤単独

T主治医:正確なホルモンの値を測定せず、アロマターゼ阻害剤に変更し、
生理が復活したらまた考える方法もないわけではない。
だけど、閉経前に対し、効果があるかどうかは不確か。

ここで問題
閉経してない場合、アロマターゼ阻害剤で卵巣が刺激され
生理が復活する。 ならば・・・・↓

リュープリン+アロマターゼ阻害剤
T主治医:この組み合わせは再発乳がんのもので、初発では保険適用外の為無理。

病院を分けてという方法もあるが、現実的に無理に近い。
これについては言うことはやめておいた。



生理についてだけど、止めた年齢が43歳だったこと、
不妊治療で排卵を促進させていたこともないことから、
十分に卵巣は復活するでしょうとのこと。

望んでいたことなのに、フェアストン単独の可能性が薄くなった今、
怖いだけだな........

下痢だけ数か月で治まるなら、我慢もするが、T主治医にも言った、
「この状態で1年8か月は絶対無理です!!」

だったらフェアストン止めると言うかと思いきや、
「一週間後の予約まで考えておきます」と返事したもんだから、
T主治医また、ズコーですよ。

フェアストン中止したら、しばらく経ってからノルバにした方がいいのか訊いたら、
すぐにでもいいって。
でも「ホルモン剤2週間くらい飲まなくても、平気だから」と聞いて、間を空けようと思った。

だって...........

ノルバデックスまた、飲み始めに倦怠感でるんでしょ!

il||li_| ̄|○il||l


このふわふわしためまいさえなければ・・・・

フェアストンのめまいってどんなめまいですか?と聞いたら、
薬剤師さんは、ふわふわしためまいとおっしゃったけど、
T主治医曰く「ぐるぐるもふわふわも、めまいはめまいとしか記載されないですから」

それに、めまいや肝臓障害、胃腸症状については、どんな薬でも書いてありますからね、
報告があったら、それを上げますから。って・・・・・・


でもさー、「ホルモン剤はどれもめまいの副作用が出る方はいますから」って。
そこでしょ。出やすいんでしょ。
だから、アロマターゼ阻害剤に替えても、またびくびくせねばならないし、
絶対出るな私、、、、、と思ってしまう。

ホルモン剤って自律神経に悪さしてめまいがするのか?
どこかで血流を悪くすると書いてあった。
それってそうかもしれない。肩こりや頭痛だって血流が悪くて起こるでしょ。

私はね、予期不安の緊張・警戒でただでさえ血流が悪いの。
もう15年、地上から浮いたようにふわふわしてるの。
ノルバデックスを服用し始めてから、頭ギューギューはひどくなった。
でもフェアストンにしたら、それがさらにひどくなった。

外出できないくらい。
このまま1年8か月、寝たり起きたりの生活を続けることなんて出来ない。


術前でもない、再発でもない、予防なので、強制力はない、とT主治医が言っていた。



今日は私、フェアストンの服用していない。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

コメント
この記事へのコメント
めまいのふわふわ感って嫌ですね。
私は、歩くとふわふわするくせに、自転車には乗れました。
自転車に乗ると、ふわふわもクラクラもしなかったの。

薬の選択は悩みますよね。
アロマターゼ阻害剤は骨密度低下が心配です。
これを飲んでいる知り合いが、足をぶつけもなにもしないのに
知らない間に骨折してたと言ってました。
どれがいいのかは、誰もわからないのかもしれないですね。
10年後元気でいれば、効いたってことなんでしょうか。
2014/03/27(木) 21:56 | URL | ココア #-[ 編集]
ココアさんもふわふわクラクラめまい、あったんですか?
今はなくなりました?
自転車は平気って不思議ですね。

アロマターゼはそんなに骨に影響があるんですね。
と言うことは、リュープリンと併用したら
とんでもないことに!

ノルバも遺伝子調べるんじゃなくて、エンドキシフェンの
血中濃度調べたら、効果もわかるのでは、
と思うですけどね。
2014/03/28(金) 00:46 | URL | キオ #NNZ72WTo[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/03/29(土) 11:31 | | #[ 編集]
お久りぶりです!
先日、鍵コメさんは、治療どうしたのかな~と思ってました。
そうでしたか。
CYP2D6の結果がどうであれ、3年間リュープリンを続けてきたことは、
ある程度効果があると思うんですよ~
何年か先にCYP2D6の検査が標準になってるかも知れないですけど、
今はこれがベストの治療だと、私も思います。

2014/03/29(土) 16:12 | URL | キオ #NNZ72WTo[ 編集]
こんにちは。初コメントです。

私はフェマーラというのを5か月くらい服用していたのですが、足の付け根が痛くて歩行に支障があったので止めていたのですが、先生に休み休みでいいからまた飲みなさいと言われ、再開したところ1か月くらいでまた痛くなって我慢できなくなりました。
止めて2か月たちますが、いまだに痛いです。

リュープリンやノルバティックスは全然副作用が出なかったのですが、人それぞれなんですね、、、
2014/03/29(土) 21:02 | URL | ぺち #-[ 編集]
いらっしゃいませ。コメント有難うございます。

ぺちさんは、リュープリン+ノルバデックスから
フェマーラに替わったんですね。
2か月経ってもまだ影響があるんですか?!
結構残るものなんですね・・・・
早く痛みがなくなりますように。情報有難うございます<(_ _)>
2014/03/29(土) 21:36 | URL | キオ #NNZ72WTo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nyuugannikki.blog76.fc2.com/tb.php/427-0eafdc24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。