不安症状が出て精神科受診 総合診療科に怒ってるんだけど・・・

ここでは、「不安症状が出て精神科受診 総合診療科に怒ってるんだけど・・・」 に関する記事を紹介しています。

スポンサードリンク


ただでさえ、フェアストンに替えて、不安になってるところに、
長期の下痢と腹痛、そしてめまい!
メンタルぼろぼろで、夜中に目が覚めると頭痛がしてる。
床に座っても怖いくらいふわふわしてる。
どんだけ力入ってるんだ。

そして朝が特にダメ。もう不安で不安で居てもたってもいられない。

なので、金曜日急遽罹りつけの精神科受診。

不安神経症で21歳からずっと診てもらってる精神科。
乳がんがわかるまでは1ヶ月に1回受診していた。
乳がん告知以降は、調子が悪い時だけ受診。


まず、五苓散の話をすると、先生怒った!

前も先生曰く「極めて依存性の高い」安定剤を処方したので怒ってた。
なんでだろうと思ったら、

「N大総合診療科に通ってても治らないという人が
ここによく来るんだよ」と.......!!

総合的に診ることは出来ても、それぞれの専門ではないのだから、
然るべき科に移らせなきゃいけないだろう、と怒ってるのだ。

五苓散だって、加味逍遥散とかぶる成分があるから、
一緒に飲まない方がいいんだ、と。


調剤薬局の薬剤師さんが、医療用の漢方薬は量が少ないから
倍飲んでもいいくらいだと言ってたから、あれ~と思った。
でもかぶってる分だけ倍だもんね。バランスはどうなんだ?


「先生なら、何処方します?」と訊いてみた。

「出して貰おうかと思いまして」


と言うことで処方されたのが、

コロネル錠500mg

QLifeお薬検索


P1170261.jpg 


通常、過敏性腸症候群における便通異常(下痢、便秘)や消化器症状の治療に使用される。
体に吸収して治すのではなくて、お腹に留まって余分な水分を薬が吸収しゲル状にする。

なので副作用の極めて少なく、プリントアウトしてくれた添付書の副作用欄に
めまいがないから飲めそう、と言ったら先生笑ってた。

五苓散は利尿作用が主な働きなので、ちょっと心配だった。
下痢を治すのに、これしか選択肢はないのかと。
だから、ちょっと安心したのか、帰宅後体が軽くなった。

それも束の間だったのだが................


土曜日の話に続く!


あ、書き忘れてた。
ふわふわは多分不安からでしょう。(乳がんの薬)どうするか迷ってるから、と。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

コメント
この記事へのコメント
体の調子が悪くて大変ね。
下痢もめまいも辛いでしょう。
早く落ち着いてくるといいですね。
コロネル錠は、初めてしりました。
私も心配事があると、すぐ下痢しちゃいます。
こう見えて!?結構心配性なんですよ。
2014/03/23(日) 22:32 | URL | ココア #-[ 編集]
こんばんは~
久々不安に陥っています(T∇T)
私も過敏性腸症候群の薬があるって知りませんでした。

ココアさんは明るいし、とっても行動的なので、
心配症だなんて意外です。
どうしたら心配症って治るんでしょうね?
私のは病的なので、って、病気(神経症)だったんだ(笑)
2014/03/23(日) 23:20 | URL | キオ #NNZ72WTo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nyuugannikki.blog76.fc2.com/tb.php/424-d3ee9c97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック