乳がん 退院当日

ここでは、「乳がん 退院当日」 に関する記事を紹介しています。

スポンサードリンク


■2010年8月8日(日)/ 2011年2月11日記


昨日から病棟の廊下を散歩している。
幾分頭がぼーっとする感じがましになってきた。

なのに、担当医が病室に来てまた口をすべらせた。

「若いから抗がん剤を勧めるよ。
早期だからって、放射線、抗がん剤、ホルモン治療全て拒否した患者さん、
亡くなったからね~」と・・・・・


今だからわかる。
私、なにも放射線もホルモン治療も拒否してるんじゃなくて、
年齢は35歳で区切られているのに、なぜ私が病理結果が出る前から
抗がん剤が必要だと言われるのか、それがおかしいと言ってるだけなのだ。

しかも!

それをまだ入院中で、しかも!② 精神的に参っている患者に言うのか、
未だもって納得がいかない。

その口の軽さで、どれだけ患者が惑わされるのかわかってもらいたい!


****

退院の準備をし、ナースセンターでお世話になった看護師さんに挨拶をし、
エレベーターに乗り込む。

フラフラしているので、エレベーターに乗るのも心配だったが、
無事“地上”へ。

娑婆だ・・・・・


入院中、廊下に出るのが精一杯だった私。
コーヒーショップに行くことすら出来なかった。

そのコーヒーショップ前の中庭の芝生を踏みしめた途端、
涙があふれて止まらなくなってしまった。


生きて戻ってこれた!・・・



そして驚いたことに、多少のふらつきは残っているものの、
普通に歩けているのだ。

どれだけ13階で私は怯えていたのだろう。
閉鎖された空間で、心も閉ざして怯えていたのだ。

たった5日そこに居ただけなのに。
その5日はあまりにも大きくて・・・

5日ぶりに見た日常の風景に生きている実感が湧いてきて、
次から次へと涙が頬を伝ってきた。




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nyuugannikki.blog76.fc2.com/tb.php/38-223779b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック