CYP2D6遺伝子検査の結果が出てからしたこと

ここでは、「CYP2D6遺伝子検査の結果が出てからしたこと」 に関する記事を紹介しています。

スポンサードリンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

タモキシフェンの効果を予測する、CYP2D6遺伝子検査の結果が届いたのが、
確か10月12日土曜日。


翌週10月15日火曜日、
T主治医の外来の日ではないが、病院へ電話する。

受付の方に事情を話、予約を取ってすぐに受診した方がいいのか尋ねると、
「今、先生ここの前を歩いていたのを見たので、訊いてきますね」と保留音に。

そしたら、T主治医が直接電話口に出てくれた!

次のことを伝える。

・血液で再度CYP2D6遺伝子検査をし、結果に間違いがないか確認したい。
・その結果次第で、タモキシフェンをトレミフェンに替えた方がいいのではないか。


するとこう言うのだ。


「触らない方がいいと思いますよ」


何で?
検査をする前に、もし低代謝や不活性と出た場合、薬は変更した方が良いか質問した時、

「効いてないと知ってしまったからには、、、ねえ?」と言ったのに!


そして、CYP2D6遺伝子検査については、「混合診療はしていない」と言う返事。
受けたいのであれば、別の病院なりクリニックで受けてきてくださいとのこと。



私、まだこの時、この検査は大きい病院なら受けれるものだと思ってた。

ココすごく重要。



10月17日木曜日 総合診療科受診


総合診療科の主治医に結果について報告。
T主治医に混合診療はしないと言われたことを話すと、、、、

「混合診療って同じ日じゃなければ、いいんじゃなかったっけ?
総合受付かがん相談センターで尋ねてみたら?」と教えてくださったので行ってみた。


そしたら、外科では遺伝子検査を行ってないという返事。

そんな・・・・ やっぱり他で受けるしかないんだ。

その時話を聞いてくださった方の話によると、
“遺伝子カウンセラー”なる方が在籍してらっしゃるということで、
そのカウンセラーの方はいない日が多いらしく、
11月6日の乳腺外科受診の日までに、愛知県内でCYP2D6遺伝子検査が受けられる病院がないか
訊いておいてくださることになった。


その日から数日後。

そうだ!薬をどうするか決めるまで、リュープリンは続けておかなくては!
と思い、 乳腺外科へ電話。

そしたら、当日オーダー出来るので大丈夫とのこと。



こうして、T主治医に相談する予約の日まで待つことになった。

でもまさか診察の日、あんなことになろうとは。
長くなったので、それはまた次回。 (引っ張るつもりじゃないですよー)


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

コメント
この記事へのコメント
え~~~
あんな事って・・・・

心配しています。
次回のUPで真相が判るのですね。
待ってます。
2013/12/02(月) 20:46 | URL | すみれ #GKosEEL2[ 編集]
なかなか更新出来なくてごめんなさい<(_ _)>
現実逃避しています
2013/12/03(火) 17:10 | URL | キオ #NNZ72WTo[ 編集]
私も、あんなことって、どうしたのか気になって…
大丈夫?
心配しています。
けっこうあの検査で、振り回されちゃいましたよね。
続きを待っています!
2013/12/04(水) 08:31 | URL | ココア #-[ 編集]
ご心配お掛けして、すみませんでした。
記事も気持ちがついていかなくて、なかなか更新出来ずにいました。
やっと更新しました。

ほんとそうですね。振り回されて遠く飛んでっちゃってる感じですよ(笑)
2013/12/05(木) 00:49 | URL | キオ #NNZ72WTo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nyuugannikki.blog76.fc2.com/tb.php/372-ffc9025f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。