乳がんホルモン治療前の卵子凍結保存

ここでは、「乳がんホルモン治療前の卵子凍結保存」 に関する記事を紹介しています。

スポンサードリンク


前から気になっていたことがある。

ホルモン治療をする前に、なぜ私は「卵子凍結保存の希望の有無を
訊ねられなかったのか。

ということ。


そりゃ告知当時、43歳だったので超高齢出産の部類に入るが、
絶対産めない年齢でもない。

現に、告知数か月前には、もし出産するのなら最後のチャンスではないかと
考えた時期でもあった。


なので、思い切って今週受診した時に、T主治医に訊ねてみた。



「先生、ホルモン治療に入る前に、卵子凍結保存の希望がないか訊ねるのは、
やはり若い人だけなんですか?」

「いいえ、年齢ではなく、抗がん剤治療する人で、ホルモン感受性のない人には訊ねます」


え?・・・・・・・


というのは、卵胞を膨らませて採卵する為に、ホルモンを分泌させなければいけないので、
ホルモン感受性のある患者には、勧められないのだそうだ。

卵子を取り出すのって簡単じゃないんだ。


数多くの卵子を採卵する為に、排卵誘発剤で卵巣を刺激し、黄体ホルモンの分泌を促す
と、検索したら書いてあった。



「へえ、じゃあ、私が40代だから訊ねなかったわけじゃないんですね~」

「50代でも産む人いますからね」



それに、ノルバデックスを服用している間は妊娠出来ないだね。
知らなかった。

奇形児が生まれる可能性があるそうだ。

だから、治療中に妊娠したい場合は、服用中止し3か月おかないといけない。



ということは、ホルモン感受性がある私は、リュープリンはもちろんのこと、
ノルバデックスも中止し、自然な排卵をし妊娠しなければならないのだ。


やっぱり、私は子のない人生なんだな。



もともと、いらなかったけどね。
自分が家庭環境で不安神経症になって、子供を持つということが
とんでもなく重いことだったから。

子供の人格形成にかかわるなんて怖すぎる。

だから、“自然”に子供が欲しいと思ったことなど、
今までないもの。



ただ、女で産まれてきた以上、子供を持つか持たないかは、
重要なことだから、一度訊いてみたかっただけ。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

コメント
この記事へのコメント
私も聞かれませんでしたが、そういう理由だったのですね。
38歳になる直前だったので、治療を終えても
ギリギリ間に合うから〜、と言われてました。

ま、子供以前に、私は結婚できない可能性もありますがw
正直、極力考えないようにしてます。

恋愛、結婚、出産・・・病気のせいであきらめるなんて
ことはしたくないけれど、無意識の内に
望まないようになってるかも。

悩ましいですな〜(o´д`o)=3
2013/06/09(日) 21:12 | URL | ぬま #-[ 編集]
ぬまさんも聞かれなかったんですね!
タイムリミット間近の年齢で乳がん発病はきついですよね。
すごく時間をロスしてしまう。
あー、もう私はリミット過ぎてますが・・・
なんとなく引け目に感じたりしますよね。
でも実際相手はこちらが思うほど気にはしてないようですけど。
2013/06/11(火) 00:31 | URL | キオ #NNZ72WTo[ 編集]
こんにちは。いつもブログ拝見しています。
記事の件、私も聞きたかったです!
私の場合、リュープリンとタスオミン服薬を終える頃には43歳。主治医には「邪道ですが、妊娠を望むなら、抗がん剤を使い早く治療を終える方法もある」との選択肢を与えられました。必要のない抗がん剤をする勇気はなかったけど、卵子凍結できたのでは??と後悔もあったので、スッキリしました。
でも、子供を産まないのと産めないのは違いますよね。ふと考えてしまいます。
2013/06/11(火) 22:08 | URL | tao #-[ 編集]
こんばんは。いらっしゃいませ^^
コメント有難うございます。
私達のようなホルモン陽性の乳がんですと、
妊娠を希望するとホルモン治療をしない、
と言うリスクを負うことになりますよね。
抗がん剤はホルモン陽性だと効きにくいようですし・・・
子供を産まないのと産めないのって、全然違うと思います。
でもそれも運命というか、選択できない人生もありますね。
うまく言えなくてすみません・・・またいらしてくださいね^^



2013/06/12(水) 23:02 | URL | キオ #NNZ72WTo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nyuugannikki.blog76.fc2.com/tb.php/321-dd1be570
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック