乳がん 人生初 MRI検査受ける

ここでは、「乳がん 人生初 MRI検査受ける」 に関する記事を紹介しています。

スポンサードリンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

■2010年7月13日(火)/  12月9日 記


MRI検査はN大病院が混んでている為、
がんセンター横にある、画像診断クリニックへ受けに行った。
画像検査専門のクリニックだ。

予約は13時。
受付を済ませ、問診票を書く。

「喘息なんですか?咳ぜんそく??」

罹りつけの呼吸器科で、気管支ぜんそくの治療で改善したという事実があるというだけで、
ぜんそくだとは診断出来ない。
検査は受けてもらって良い。

と、言われたと伝えるが、なにやらあちこちに連絡して、
待たされた。

その後も何度も人が代わり、同じことを聞きに来る。
造影剤で喘息の発作が誘発されることがあるらしく、どうしたものか検討しているようだ。

結局、受けることに。

検査室へ。 あれ?ちくわじゃないじゃん。
狭くないし、筒状じゃないよ? 輪が周りにあると言った方がいいんじゃない?


だ、が、
うつ伏せでじっとしていないといけないとの説明が。
じっと・・・・・無理!!!ふわふわしてるから無理!!
台を動かされるのも気持ち悪くなるので、
「ゆっくりお願いしますーー!!」と騒ぐ騒ぐ・・・・


いざ検査。


音、、、、我慢出来る。狭くもない。


だが、じっとしてるのが辛い、とにかく辛い。拷問だ!!!!
でも、がん友Nさんに言われた通り、「これは修行なんだ」と言い聞かせる。


そして、造影剤投入。

「喉が暑い!!」

CTの造影剤と違って、暑くならないって言ったじゃん。
どうしよう・・・おかしいのかな?


えええい押せ!ブザー!!


すぐに機械が止まり、人が駆けつける。しかも2人。私を覗きこむ。

「喉が暑いです!」
「今は?」
「治まりました!」
「じゃあいいね」

.......えええええーー


その後耐えに耐え、修行が終わった。
検査室から出てきた私はフラフラ。看護師さんが脇で支える。
まともに歩けない。
顔が真っ赤になっていたらしく、母が驚く。


............もう帰りたい;;


でも、画像をCDに写すのに1時間かかる。
それを帰りにN大病院に持っていかなければいけなのだ。

車で休むことにした。
その前に彼へ終わったと電話。

朝のこと何か考えたのかな?
頑張って受けたこと、労ってくれた。



そして、それから3日間。
私は寝込むことになった。

人生初のMRI検査、、、もう二度としたくない!!






にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/10(金) 22:12 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nyuugannikki.blog76.fc2.com/tb.php/27-0a5a2163
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。