紹介状を書いて貰う病院を決める

ここでは、「紹介状を書いて貰う病院を決める」 に関する記事を紹介しています。

スポンサードリンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

■2010年6月/2010年11月1日 記


来週の火曜までに病院を決めるように言われたが、
今年1月の検診の時のエコーで、形がいびつだと言われていたので、
実はその頃からいろいろ調べてはいた。

やはりO医師も言うように、インプラントでの再建は健側の下垂が
避けられないのと、ある程度の時期が来ると入れ替えが必要なようなので、
やめることにした。
Nクリニックには予約キャンセルの電話を入れた。
 
O医師には温存が可能だろうと言うことだったが、
万が一全摘になった場合も視野に入れて、病院選びをしなくてはならない。

(実は当初、乳房を残しておく温存なんて恐ろしい、全摘したいと言っていたが、
全摘と温存+放射線のどちらも同じ生存率だと聞き、考えを変えたのだ。)

自家組織を使った乳房再建は、一時(同時)再建と二次再建があるが、
私はとても二次再建をする体力がない。
気力的にも絶対一回で済ませたいと思う。

同時再建は名古屋で実施している病院で、
大学病院だと2軒。
愛知医科大学とN大学医学部付属病院だ。

第一希望は、N大病院だが先回の受診の際O医師が、
N大病院は手術が2カ月待ちになるだろうと言っていた。

なのでこの2軒の紹介状を書いて貰うことに決めた。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nyuugannikki.blog76.fc2.com/tb.php/17-b7cfa456
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。