乳がん告知 家族の反応と不安神経症

ここでは、「乳がん告知 家族の反応と不安神経症」 に関する記事を紹介しています。

スポンサードリンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

さて、カテゴリーはあれこれ作っておいて、
そのままになっていたので、少しつづ書いていきます。
私、ブログは沢山持っていますが、ここのブログだけは本音で書こう、
開設当初からそう思っていました。

ただ読んで不快に思う方もいらっしゃると思います。
その時はどうぞ右上の「×」をクリックしてください。


今日はがんの告知をされた時の“家族の反応”について。


元気な体で産んであげられなくてごめんね
私が変わってあげたい

とまで言う母親がいる中、術前検査の頃私が言われた言葉は...............


「またお前に金かかる」


今までになんかかかりましたっけ?
いや、かかったとしてもこの言葉、さすが不安神経症の子供を作っただけある親だ。
関心してしまう。
そんなだから私も、親には心配かけたくないという気持ちがどんなかわからずにいる。

妹は心配より先に「怖い」と言って、乳がん検診の予約を入れた。
父は黙ったまま痩せていった。


物心ついた頃から家庭内で恐怖にさらされ、慢性的にストレス症状が出ていて、
19歳の時、身内から受けた強い精神的ショックで、21歳に不安神経症を発症した私。


告知をされて最初に思ったことは、

「なんでまた私?いつになったら平穏な生活が送れるの?」

だった。


------つづく?------




※2011年8月27日に公開して、すぐに下書きに入れた記事です。
このカテゴリー最初の記事................

下書きに入れる前に読んだ方がいらっしゃって、
「公開していいと思いますよ」と言ってくださっていた。
今更ですがアップします。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/16(水) 20:51 | | #[ 編集]
こういう時こそ、本音が出るんでしょうね。
私は手術翌日に、病室で喧嘩をふっかけられましたよ。
手術室入る時にも、無神経なことされましたし。
退院する時も・・・・ あ、思い出した。いずれ書くかもです。
根本に愛情があるかないかって、わかりますよね。
あるなら、少しくらい言われても流せられると思います。
あー、不安神経症のブログ立ち上げて、ぶちまけたくなりました(笑)
2014/07/17(木) 01:01 | URL | キオ #NNZ72WTo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nyuugannikki.blog76.fc2.com/tb.php/122-9eaaa2c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。