乳がん術後1年検診 無事クリア!

ここでは、「乳がん術後1年検診 無事クリア!」 に関する記事を紹介しています。

スポンサードリンク


昨日、術後1年検診無事クリアしました!!
気にかけてご心配頂いた皆さん、有難うございました。

昨日はまず血液検査を済ませ、マンモグラフィーへ。
理学療法士さんに教えて貰った、おっぱいマッサージでかなり柔らかくなったとはいえ、
それは表面上で、中はまだ癒着して石のように硬い。
なので、撮影出来るか心配だった。 

まずは左。健側なのですんなり。
技師さんもベテランで手際が良い。

さて問題の右。斜め(横?)方向は痛みがあったものの、
なんとか撮影出来た。

が!上下が無理でしたー 挟めなかった。
つるんとはじいてしまう。私のがんは乳房の下にあったからかな~

斜め方向が広く写るそうで、エコーでもし問題がありどうしても必要となったら、
また挑戦しましょう、ということで続いてエコーへ。

患側を見ている時に、一度だけ止まって撮影。
え?と画面を見上げる私に、「水の袋ですね」と技師さん。
そうなの。前から右側にはのう胞があるのよね。ああ、良かったそれか。

後は撮影することもなく、終了。
怖々「何か気にかかる箇所はありましたか?」と訊ねると、
「のう胞以外、何もありませんでしたよ」

その一言に一気に安堵した。

そうそう昨日初めて患側の鎖骨も調べられた。
ただの乳がん検診ともう違うんだなと実感。


腫瘍マーカーが気にかかるが、気持ちも軽くなり院内のドトー〇へ。
すっかり最近、乳製品を採っている私は、
夏限定のマンゴープリンで幸せ気分に浸りながら、
がん友Nさんの放射線科が終わるのを待っていた。

そしたら、電話が鳴って、「もうすぐ順番ですよー」とNさん。
先に乳腺外科の方へ行ったみたい。
「ええ~、さっき1時間遅れだったのにー 」

急いで待合室へ。まだ2人居たのでその間にNさんとおしゃべり。
Nさんは術前フェマーラーの臨床試験に参加した方。
実はその後に大変なことになっていたのだが、それはまた別の機会に・・・・


さて、Nさんの次に呼ばれ、診察室へ。
技師さんからの結果報告に目を通した後、マンモ画像を見ながらT主治医が説明してくれた。

左の健側。手術の時、石灰化が見られたが良性とのことで経過観察になっていた。
今年も無事良性のまま。もう1つある石灰化は明らかな良性らしく、
数年後に同じように白く見えるようになるそうだ。

右の患側はのう胞以外、何も異常なし。

そして血液検査。腫瘍マーカーもいつも通り。正常値。
前回高かった中性脂肪も少し下がっていた。
正常より高いが、これならノルバデックスの副作用とは考えられないのでOK。


「これで無事一年は経過しました」となぜか何回も言うT主治医。

「何かあったらどうしようかと不安でした」と言う私に、
「こんなに早く何かあったら、逆に困ります」と。

それって何!2年3年、あるいはホルモン治療終了後なら、あってもおかしくないってこと?!
T主治医の意地悪。ん?考え過ぎ?

その後リュープリンを右側に接種して診察は終了。

こうして1年検診は無事クリアしたのでした。
「これでしばらく生きられるー!」

1年検診だったからかな。2年3年となると不安も多少は薄れるんだろうか。
時々どうしようもなく恐怖に襲われるけど、それでも私は今日も生きている。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

コメント
この記事へのコメント
おめでとう!今掲示板の方は書き込みにくいかもしれないけれど折を見てあちらにも是非報告を!!
2011/08/11(木) 22:36 | URL | MIN.K(みんく) #F141CBR6[ 編集]
どうもありがとうございます!

そうですね、しばらくおいてと思ってました。
皆さんにご心配頂いてるので報告は必ずします!^^
2011/08/12(金) 00:13 | URL | キオ #NNZ72WTo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nyuugannikki.blog76.fc2.com/tb.php/120-6f6c2bf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック