不安神経症のリハビリの最中乳がんに。「なんでまた私なのよー!!!」と嘆いてもいられず・・・怒涛のしこり発見~治療記録の赤裸々本音ブログです

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

先々週、またもやかゆみとヒリヒリとおりもので、婦人科を受診。
ま~た、カンジダなのかと思って。
(かゆみだけはコンベックで治まったけ・・・)

内診して貰うと、「カンジダっぽいですね」ということで、
カンジダの膣錠を入れて、おりものの検査も。



そして1週間後の先週木曜日、結果を聞きに行ったのだけど、
なんと、月曜日に4ヵ月ぶりの生理(*´Д`)

でも今回は月経量が減った!!
1時間おきにトイレに駆け込まなくても良かった。
リュープリン止めて、1年10か月ぶりに来てから4回目の生理。
徐々に元に戻りつつあるのか。



それはさておき、結果、カンジダは検出されず。(カンジダの薬入れたじゃーん)
細菌性の膣炎でもなく、どうもいつもの委縮性膣炎だという( ;∀;)

だって化膿したようなおりもの出てたじゃない。
ヒリヒリヒリヒリヒリヒリしてたじゃない。


ああ、もうずっとこのままなのか・・・と落ち込んでいると、

「ホルモン剤出せばいいんだけど、乳がんだから」と女医。

いつもは「そうですよね~」で済ますけど、なぜか今回は、

「以前一度膣錠出してもらいましたけど、あまり使わない方がいいですもんね」


そしたら「使わない方がいい」とずっと言っていたのに、
「局所だけだから、使ってもいいですよ、処方しましょうか?」と言うの!


乳腺のT主治医も、局所に使うくらいなら再発のリスクにはならないと言っていたし。

それで、今回はおりものもヒリヒリもひどかったので、処方してもらうことに。

エストリール膣錠0.5mg×7錠


7錠が7回分だといいのだけど、一週間連続で使うと効果があるそうだ。
以前も1週間分処方された。使いきる前にピタっとおりものは止まったが。

生理が終わってから1週間と言われたが、なぜか症状が治まっているので、
今度ひどくなった時の為にとっておこう。



そして、毎回毎回言うが、ノルバやめてしまえばこんなこともなくなるのかなー
でもリュープリンをやめたら治まったホトフラが、前ほどではないが最近復活するし、

もしや自然な更年期!Σ( ̄Д ̄lll)

それだったら、ノルバやめても治らないしね・・・・・



はいはい、今日もやめれないくせに言ってみました (´・ω・`)

ホルモン治療10年完遂まで、あと3年と9か月!!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク