不安神経症のリハビリの最中乳がんに。「なんでまた私なのよー!!!」と嘆いてもいられず・・・怒涛のしこり発見~治療記録の赤裸々本音ブログです

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

これはカテゴリーをホルモン治療の副作用にしていいのか迷うところ。


7月の終わりからカンジダを繰り返している
今日も受診したのだが、これで3回目。


カンジダ菌は常在菌の真菌で、疲労やストレス、抗生物質の服用で免疫力が低下した時に
増殖し悪さをするということは、知られているけれど、
ホルモンバランスが崩れている時にもなるらしいのだ。

私はというと、ここ最近外出が続きとても疲れていて、
今日も重い体を引きずって受診した。


でもそれだけでなく、ホルモンバランスの崩れも原因ではないのかな~と思っている。

リュープリンをやめて1年10カ月後、5年4ヵ月ぶりに来た生理、
3ヶ月後の6月に2回目が来たが、それからは来ていない。

もう3ヶ月経つのに・・・・・


婦人科医も、「ホルモンバランスは崩れている、生理はノルバデックスで不順になってますしね」
と言っていた。

まあでも、それより免疫力の低下の方が大きな原因なのかも知れないが。


「カンジダとうまく付き合っていくしかないです」

と言われたし、もう痒くなったら即受診するようにしてる。



それより!そんなに免疫力低下してたらまずくないの((;゚Д゚)

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク