不安神経症のリハビリの最中乳がんに。「なんでまた私なのよー!!!」と嘆いてもいられず・・・怒涛のしこり発見~治療記録の赤裸々本音ブログです

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

昨日は術後6年の検査だった。

本当は8月でまる6年だが、検査の予約が空いてるのが
7月の2日間のみなので、昨日受けた。


<検査項目>

採血→胸部レントゲン→マンモグラフィ→エコー

(胸部レントゲンは本来ないが、私が希望して受けている)



今回の検査はほんと時間がかかった!

まずは採血。
ひじからはすぐに諦められ、「手の甲から採っていいですか?」と聞かれたので、
きっぱりお断りした。

なんちゅう怠慢な看護師じゃ。
手首から採れよ!!!


「手首はいつも太い血管が出てるみたいだけど、今日はあまり出てないね」と

ま~~、刺すまでどんだけ時間かけるんやら。

いつもよりふわふわするから寝て採血してもらったのだけど、

「ふわふわする時はやめようか」と針さすのやめようとするから、

「24時間ふわふわしてるんで待ってても・・・大丈夫ですから採ってください」

と言ったわさ。


いっけない、採血でこんなに行数とってられないわ。゚(゚ノ∀`゚)゚。
まだ文句はあるけど次!


胸部レントゲンはサクっと終わり、続いてマンモグラフィー。


ん、技師さんの顔に見覚えが。昨年も同じ人だったのでは?

「痛みに変わりはありませんか?」と訊かれ

「同じくらい痛いです」と答える。

ここ数日は気圧の関係か、痛みが強い。


まずは健側を、続いて術側。

健側は毎年横方向からの撮影しかしていない。
なので、まず横方向から。


さて、縦方向からはどうしようか・・・・・・


すると技師さん今年は撮ろうとした。

「痛いと言ったら、すぐに中止してくださいね」と伝えスタンバイする。


技師さん、ない胸をかき集め台に乗せようと奮闘してくださる。
で、胸が逃げていかないように持ちながら板を少し下げたところで、


「これは痛いね、やめよう」


私も速攻同意。

今年も撮れなかったわ (´・ω・`)



その後のエコーが開かず、待つ、待つ、待つ。


呼びに来てくれたエコーの技師さん若い。

左右見終わったところで、

写真を確認しますので、ちょっと待っててくださいね」

と、奥の部屋へ入っていく。



確認?! 誰と?! 何を?!


今まで一度たりとも、そんな確認なんてしなかったと思うけど???


一気に「再発」の文字が頭をかすめる。

なんなのなんなの、何か写ってて、診察の予約が早まるとか?
心の準備なんて出来てないよ、、、、と恐怖に突き落とされそうになったところで、
技師さんが戻ってきた。

「これで終わりますね~」 


胸についたゼリーをぬぐいながら、


「どこか気になるところありましたか?」と訊ねると、

画像的には去年と変わりありませんよ
採血やマンモと合わせて判断しますので、結果は診察の時に」


わかってる・・・・

画像は問題ないのね!!良かった!!(*´Д`)


とりあえず局所再発の心配はなし、と。

なんか昨日すっかり安心したけど、肺や腫瘍マーカーはまた別じゃんね・・・・


いけないいけない、イメージしよう。

ずっとずっとクリアするイメージを~!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。