不安神経症のリハビリの最中乳がんに。「なんでまた私なのよー!!!」と嘆いてもいられず・・・怒涛のしこり発見~治療記録の赤裸々本音ブログです

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

昨日9日は、乳腺外科と総合診療科を受診。


まずは乳腺外科。

3月に5年4か月ぶりに来た生理、その後4月も来たか確認。

「来てないんですよー」


そう、4月に来てないのだ。そして5月も来そうにないような。

T主治医も、

「ノルバデックス飲んでるからね~」と。


1回来たから、私の気も(かなり)済んだ。



私からの確認は、ノルバデックスは骨にいい影響を及ぼすかってこと。

「骨密度は増える、または維持」とのこと。

カルシウムのサプリメントを摂ろうか迷ってたので、
ひとまずよそうと思う。



しかし、術後5年も過ぎると、話すこともないな~


う~ん・・・・処方箋を印刷するT主治医の腕を見るとやっぱり痩せたような。


「先生痩せました~?」

「ここらへん落ちないですよ~」とウエスト周りを触る。

「先生私と1つしか変わりませんよね~」

「そうですね、もう目がね」

と、老眼の話w



次回は3か月後の8月。術後6年の検査だ。

検査と診察を同じ日に取ることが出来ず、7月に検査の予約を入れる。
同じ日に受けられたのは術後1年の検査の時だけだ~

面倒だけど仕方ないか。
7月だって2日しか空いてなかった。

それだけ乳がんに罹患する人が増えているのかも。



すっかり総診の予約時間は過ぎているので、
急いで1階へ降りていった。




(追
ホトフラがすっかり無くなったことを話すの忘れてしまった・・・
次回忘れず話そう。

というか、すっかり無くなったって、、、私やっぱりノルバ効いてないのかしら??
ほら、CYP2D6の半分不活性だから!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。