不安神経症のリハビリの最中乳がんに。「なんでまた私なのよー!!!」と嘆いてもいられず・・・怒涛のしこり発見~治療記録の赤裸々本音ブログです

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

3月13日に5年4ヶ月ぶり(リュープリン終了後1年10か月)に生理が復活し、
月経過多だった為慌てて乳腺外科に予約を入れ、昨日4月4日に受診。

昨日は1人の人が1時間以上(2時間近く?)診察室を占拠し
待ちくたびれてしまった・・・・・

T主治医も大変だな~ じゃなくて早く切り上げてよ(*´Д`)

その人が終わってからは、順調に自分の番が。



診察室に入るとT主治医の第一声が

「おめでとうございます!」


Σ( ̄Д ̄lll)

いつもは私が診察室入ってから電子カルテ見てるのに、
今日は予約を早めて来たから、私が入室する前にチェックしていたようだ。
(総合診療科の内容でわかるから)


「見たんですか!!」



T主治医ニヤニヤ


「赤飯食べましたか?」

「はい食べましたよ!」

「本当に食べたんだ・・・ワラ」

「はい、ほんとーーに食べましたよワラ」



という会話を交わしたw
訊かれなくても「赤飯食べましたよ!」と報告するつもりでしたよー

以前、「生理復活したら赤飯食べます」って言ったら、
「たくましいな~」って言われたから。

心配症で不安神経症の私が乳がんに罹患し、死にもの狂いで治療してきて
“たくましい”なんて言われるようになったんだ・・・と感慨深かったのだ。



ともかく、赤飯おいといてw
皆さん復活した最初は経血もすごーく多いと話すんだって。

「2回目以降は減ってくんですかね?」と訊ねると、

「2回目は話題に上がらないので(わからない)」って!!


診察で話さないということは、減っていってるってことなのか。

ノルバデックスはそのまま続けてくださいと言われた。
ノルバデックスで経血が増えるのかどうかはわからないと。

なんでわからないのよ~内膜厚くなる副作用あるんじゃないのー
と言いたかったが、様子見するしかないもんね。
それに、きちんと毎月来るかわからないし、とT主治医も言ってた。


「先生、PMSが前よりひどくって、地面にめり込むくらいの倦怠感だったんです(*´Д`)」
というと、「そんな・・・(大袈裟な)」ってw


なにはともあれ様子見&来月の受診の時に報告。


来月16日の予約を総診と同じ9日に変更してこの日は終了。

2か月ぶりに会ったT主治医、なんだかちょっと痩せたような気が?
それと、デスクに置いてあったペットボトルがジャスミンティーで、
私も好きなんだけど男性で珍しいよなぁ、なんて思ったw




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。