不安神経症のリハビリの最中乳がんに。「なんでまた私なのよー!!!」と嘆いてもいられず・・・怒涛のしこり発見~治療記録の赤裸々本音ブログです

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

昨年12月30日に受けた子宮がん検診の結果を聞きに行ってきた。


診察室に入り椅子に座って、出てくるまでの時間は10秒くらい。

「結果ですけど、頸がん、体がん、どちらも異常なしです。
検診はこれからも年に1回でいいですよ」


これだけだったから。


さっき、過去記事を検索した。

乳がんホルモン治療の影響で、頸がんの結果が擬陽性が出たのは
2011年に受けた時。

HPVのウイルス検査をし、検出されなかったので、、、、と書いてあるのは、
2012年に受けた結果を聞きに行った時の記事→こちら

(2011年に受けた記事が見当たらない・・・・2012年1月だったかもと見てみたがない
また探して編集します)



ホルモン治療をしていると、頸部に炎症が起きることがあり、
それが擬陽性とされたのだろう、という話だった。

擬陽性が出たのは、その時1回限り。



今回もだが、結果のプリントはこの病院では貰ったことがない。
異常なしだからか・・・・確か擬陽性の時は貰った記憶が・・・・・

会計待ちの時に、結果のプリントが欲しいと言おうかと思ったが、
異常なしならいっか、とやめた。

以前の婦人科ではくれたが、あれは市の検診で行ったからだと思う。


なにはともあれ、異常なしで良かった。
また年末に受けよう。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク