不安神経症のリハビリの最中乳がんに。「なんでまた私なのよー!!!」と嘆いてもいられず・・・怒涛のしこり発見~治療記録の赤裸々本音ブログです

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

あれ、久々インしたら、投稿画面が少しだけ違ってる・・・・・・

広告が出てしまったので、何か記事をと・・・・・
ホルモン治療も本来なら11月に5年となり終了なのだが、だらだら延長すること決定で、
ここいらでずっと書こうと思ってた、『ホルモン治療のまとめ』なるものを・・・・

と思ったが、時間がかかるので近々に、
ということで、今回は腹痛のその後について。



結論から先に言うと、
大腸検査はせず、セレキノンとビオフェルミンで様子見している。

ぴーは飲み始めてすぐに止まり、ゴロゴロはほとんど治り、
だが、腹痛は継続中 il||li_| ̄|○il||l

でも徐々に減っているかも。
1日中痛いという日もなくなったから。

にしても不思議なのが、夕方今の時間になると痛くなる。
あ、でもこれ書いてる今は痛くないぞ?・・・・・・・珍しい。



一昨日総合診療科を受診した際に、痛みについて訊いてみると、

腸というのはゴロゴロしてない時でも動いていて、引っ張られるような痛みとしてとらえると
痛みを感じるそうだ。

意味わかんないし、私が進んで感じてるつもりはないのだけど?
頭(脳)が痛みを覚えてしまったのかしら???

「先生これは、過敏性腸症候群なんですか?」と質問してみたら、前回は

「その年になって急になることはない。」

という返事だったのに、一昨日は、
「昔から緊張するとお腹を壊す」と言ったら、「その素因はあるのかもね」と返ってきた。


私のお腹どうしたん?
過敏性大腸症候群なの?

一応先生は一時的なものだと思っていて、大きなくくりで言えば、過敏性なのかもね、
とう考え。

どちらにしても、ストレスやホルモンバランスの乱れから、自律神経が乱れてなるんだって。
と書いてふと思ったが、リュープリンやめてホルモンバランス崩れてる?

「大腸検査で異常がないのを確認しなくていいのですか?」と訊ねると、
「今の状況でそれは必要ない」とまたしても言われた。

とりあえず痛みがつらいので、痛み止めはないのかと言ったら、
ブスコパンが頓服で出た。

これって、胃や大腸の検査をする時に、筋肉注射する薬だ。

副作用は口の乾き、目の焦点が合わない、頻脈・・・・・

飲めるか!と言いたいところだが、胃のバリウムと胃の内視鏡を過去1回づつしたことがあり、
その時の注射では何も副作用は出ていない、、、、ということは大丈夫なのだろう。

でも飲まないけど(・∀・)


そして、またまた2週間後に予約を入れる。
1ヵ月も耐えて様子見は無理だもの (´・ω・`)


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク