不安神経症のリハビリの最中乳がんに。「なんでまた私なのよー!!!」と嘆いてもいられず・・・怒涛のしこり発見~治療記録の赤裸々本音ブログです

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

今週月曜日は総合診療科も受診。


体調を訊かれ、ここのところ不安症状がひどい、
不安に比例して眠りも浅くなると言うと、
また、睡眠についての指導が。

就寝時間がずっと2時過ぎで、寝つきも悪く、昼間寝不足でだるいのでそれも不安になり、、、
21時~22時頃睡魔に襲われるが、それに耐えてしまって悪循環。

と、言ってももう一度言うが、不安と比例して、だ。
不安神経症の私は、元々眠るのが苦手だ。
比較的安定している時は、寝つきも良く、そういう時は疲れも多少取れている。

不安症状がひどいと寝ててもふわふわがひどく眠れないのだ・・・


指導内容は割愛。



処方する薬の話になり、ひさびさ湿布を出してほしいというと、
どこに使うのか訊かれた。

「腰です。腰痛が治ってないんです。
なんで重い物持って傷めたのに、半年も治らないんでしょう?」

「インナーマッスルを傷めると治りが遅く、体幹を鍛えるといいと
最近言われてるんだよ。鍛える方法、ネットで検索してみて」



ということで、さっき検索してみた。


てっきり、インナーマッスルと体幹はイコールだと思ってたのだが、
どうも違うらしい。

インナーマッスルは『深層筋』のことで、
体幹は『頭・腕・脚以外の胴体すべての筋肉』を意味する。

そして、インナーマッスルを鍛えるのは、体力をさほど消耗しないのに対して、
体幹は体力を使う。


う~ん、確かに体幹を鍛えると言ったよな~
来月もう一度確認してみよう。

不安神経症でこれだけ筋肉を酷使して疲れきっているのに、
これ以上のことは出来ないよ。



この日、実はふとしたことをきっかけに朝から不安になってしまい、
病院にいる間大変だった。

そんな時に血圧を測ったので、

172-101 という高い数値を叩きだしてしまったΣ( ̄Д ̄lll)


まあ、緊張すればそんなものでしょう。

翌日12日、いつもの通り起床後、トイレに行った後測ると、

128-79

と全くの正常値だったから。



火曜水曜は、まるでフルマラソン走った後なんじゃないかと思うほどの体力消耗。


そして今日は2か月に1回の耳鼻科受診。
これまた、月曜からひきづっているので、不安症状がひどかった~


もう何十年もこんなで嫌になるよ。

私が無くした、いや、奪われた時間を返してくれ!!!!!!!!!!!!


おっと、これは別ブログに書かないとね!


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。