不安神経症のリハビリの最中乳がんに。「なんでまた私なのよー!!!」と嘆いてもいられず・・・怒涛のしこり発見~治療記録の赤裸々本音ブログです

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

本日は年に1回の子宮がん検診。

頸癌は今年はせず、子宮体癌のみ。


「乳がんの治療はしているの?」

とS女医から訊かれ、リュープリンを終了して8か月経過するが
生理の復活はないと答える。


先生から訊かれるとは思わなかったので、
ノルバはまだ継続中だと言うのを忘れてしまった・・・・・

バルトリン腺膿腫がここ数日前からたまに痛みがあることを伝え、
それも合わせて診てもらうことに。




まずバルトリン。


ぐいぐい押されつままれ化膿してないから大丈夫とのこと。
「もっと大きい人もいるよ」と。。。

「化膿してないのになぜ痛いんでしょうね??」と訊ねると、
「う~ん・・・分泌はしてるので、増える時に痛みが出るのか、ホルモンの影響だね」と

曖昧な答えだった。
意外というかやっぱりというか、バルトリン腺の穴が感染して塞がったとはいえ、
少しは排液されているとのこと。

「そうですよね、じゃなきゃ増えて大きくなっちゃいますもんね」

だったら、その穴がもっと大きく開放して治ればいいのに、、、
罹患してすぐはそれもあるらしいけど、もう何年も経過してるので
それはないだろう。




子宮内のエコー。

子宮筋腫は3・3センチ。
前回は3.7cmだったので、ほんの少し小さいまたは変わらず。

問題の内膜は、、、、、


「薄いので、生理が来るとは思えない」


がーーーーん

厚みが出てきたので、これなら来るわね、
と言われるのを期待してたのに(涙




そして体癌検診。


今日は体癌のみだけど、それにしてもいつもより時間が短い、
痛みも前回の激痛よりは少しまし。

出血あり。

その出血を見て、嬉しく思う私って、
やっぱり女の部分が強いんだな、
そんな強いなら、卵巣だって盛んであっていいんじゃないか?



結果は年開けて来月の21日。
S女医の日でなく、別の女医の日。



今日実は、待合室でトラウマ発動

ダメなんだよ、幸せの象徴産科は。
ただでさえダメなのに、仕事おさめで休みの夫連れ、子連れの多いこと。
それが追い打ちをかけた。
もうボロボロ。


それは、不安神経症のブログの方に書く。
とても普通の人に理解されないし。
ぶちまけるにはそちらがいい。

あ、まだ不安神経症のブログには記事がない。
早く書かねば。


以上。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク