不安神経症のリハビリの最中乳がんに。「なんでまた私なのよー!!!」と嘆いてもいられず・・・怒涛のしこり発見~治療記録の赤裸々本音ブログです

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

無事帰宅。


疲労と緊張で到着するまでは、どうなるかと思った。
ずっと脈早いしw

でも、待ってるうちにちょっと落ち着いて、、、、
予約外だけど、早く呼ばれてほっ


結局、親不知とその手前の歯の間に、ばい菌が入って、
疲れてるから痛みが出たんだろうとのこと。

でも親不知とその手前の歯の深い場所でむし歯があるかもだけど。

とりあえず、消毒のみ。
診てもらった時は、すでに痛みがなかったので、
もし痛みが出たら、手持ちの鎮痛剤を飲み、酷くなるようだったら
抗生剤を貰いに行くことになった。



親不知、前にも書いたけど、私は歯茎の中で真横に生えていて、
今まで何回疲れから、腫れたことか。

抜いた方がいいと言われ、口腔外科の紹介状書かれながらも
18年逃げてきた(笑)


そしたら、親不知が歯茎から真横のまま押し出されてきて、
なので、抜歯じゃなくて、頭を切り落として、根は数年かけて
自然に出てくるのを待つことになった。


今、そういう方法があるみたい。

抜歯より負担がかからないが、歯を途中で切ると神経が出てくる、
それをそのまま置いておけるかわからないので、
歯科全体であまり普及していってないそうだ、

私は通常の人より負担になるので、とりあえず頭切断の方法をとることになった。



「体調いい時に予約します」と言ったら、
「万全じゃなくてもいいですよ」と先生。


よくご存じで!

万全な時なんてないし、そんなこと言ってたら、
また私逃げちゃうからねw


頭切るくらいなら、乳がんの手術に比べて全然へーーーき
やったるぜ!オーー!

と、今は、気合い入ってる(いらんってばw)




そうそう、私は頭下げるのが嫌なので、少し背もたれを倒したまま
治療をしてもらってる。

説明をしっかりしてくれる先生で、
とても繊細な削り方をするので、他の人に治療してもらうことなんて
考えられないくらい信頼しているのだ。(愛想は悪いけどねw)


先生、頼みますよ。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。