不安神経症のリハビリの最中乳がんに。「なんでまた私なのよー!!!」と嘆いてもいられず・・・怒涛のしこり発見~治療記録の赤裸々本音ブログです

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

先週木曜日で、今年の整形外科のリハビリも終了。

前回から、いつもの理学療法士さんではなく、
運動療法士さんに担当してもらっている。

検索してみると、運動療法士とは違うな・・・・
運動療法に詳しいとか言ってたのかな?

ま、いっか(笑)
今度確認してみよう~


ともかく、この方は他の方と違って、
筋肉や筋の動き?体の動き?の専門の方なのだ。


というのも、首の低周波(事故で頸椎捻挫の治療)のパッドをつけるのを、
その日ちょうどこの方がしてくれて、「肩の方はどうですか?」と訊ねられたので、
「これ以上はもう無理なのかも。諦めるしかないのかな」と答えたら、

「まだまだ改善の余地ありますよー。私が担当しましょうか?」
と言ってくださったのだ!


2010年8月手術、2011年2月に三角筋が痛みだし、6月に整形外科受診。


今の状態はというと、

後ろに腕を回す可動域が、一定のところから全く改善しない。
別方向はかなり元に近いくらい上がるが、腕が重い。


で、診てもらったら、
腕が後ろに回らないのは、肩の前部分の筋肉が固いから。
ココとココ、2ヵ所の筋肉らしい。
その為腕が動く距離が短く、後ろへ回るのに二段階の動きが出来ない。
動かないうちに、その動かし方になってしまったそうだ。


どうするか、

その固くなった筋肉をほぐすしかないとのこと。


ほぐしてもすぐに元に戻るので、週3はリハビリし、
自宅でも自分でほぐすこと。


ここで一つ問題が。

マッサージ後、肩と腕に痛みとだるさが出て、
手が浮腫んだり、腕に締め付け感が出てしまう。

マッサージをすると、痛みやだるさは出るのだが、
浮腫みと締め付け感が、浮腫の初期症状とだぶる。

なので、次回の乳腺外科の診察で、主治医に訊いてくるよう言われている。


T主治医わかるのかな~ (って失礼)
リンパ浮腫の予防運動を教えて下さった看護師さんにも訊いてみよう。

忘れないようにメモしていかねば!


リハビリ 


※画像は、首に当てている低周波の機械です。
肩関節周囲炎とは関係ない頸椎捻挫の治療です。

※加筆修正しました。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。