不安神経症のリハビリの最中乳がんに。「なんでまた私なのよー!!!」と嘆いてもいられず・・・怒涛のしこり発見~治療記録の赤裸々本音ブログです

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

CYP2D6遺伝子検査が、欠損でヘテロ型と出て落ち込み、
すっかり事故の話を記事にするのを忘れていた・・・・


先月27日のこと。

祖母が亡くなったことから立ち直れてなかった私、
母に買い物に乗せていってくれと言われ、
いつも行くショッピングセンターに行った。

入り口から入って、すぐのところで、左から車が来た。
こちらはメインの通りだし、左側が止まれなので止まると思って走行。
したら、止まらないの!!

切った。ハンドルを。
間に合わなかった。

左側にぶつかって、車かなり押された。
相手はぶつかってるのに止まってくれない。


当て逃げ?


母が隣で「痛い痛い痛い!!!」と叫んでる。
逃がしてなるものかと、車から飛び降りて走った。

そして叫んだ(怒鳴ったが正解)


「車どこじゃぁぁぁああああああ!!!」


もう性格出る出る。
負傷して動けない母に「やめなさい」と止められる始末w


少し行ったところに軽トラが止まってる。あれだ・・・・・

走って行って中を覗いたら、おばあさんが呆然として前を見つめてる。
こちらを見ようともしない。


長くなりそうなのでかいつまんで書こう。

どうもその81歳のおばあさん、ブレーキとアクセル間違えて踏んだ可能性あり。
腰を打っただけのに、何日も入院し、当時のことを覚えてないと言っているそうだ。


母は首、肩、腕を負傷。
私は、首と、耳。

耳というのは、聞こえがおかしくなったのだ。
自分の声が割れたり、声を出すと「ピーピー」と耳鳴りがしたり。


てっきりストレスでなったと思ったら、脳震盪と同じで、
内耳も事故などで揺さぶられると、一時的に聞こえが悪くなることがあるそうだ。

受診して良かった。


去年新車で買った車は、左側見事にいかれた。
フレームまでいってしまったよ!!!

ドア2枚、ピラー、ステップ、助手席シート、そしてフレーム・・・・
エアバッグ開いたくらいだから。


これでも、10対0にならないからねー

今、整形外科に通い、耳鼻科は薬が増えた。

気をつけてたって、ぶつかってこられるんだから、
どうしようもないよね。


今は事故よりCYP2D6。

わかったことと、今日総合診療科での話と、また記事にします。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク