不安神経症のリハビリの最中乳がんに。「なんでまた私なのよー!!!」と嘆いてもいられず・・・怒涛のしこり発見~治療記録の赤裸々本音ブログです

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

人は止まったままバランスは取れない


自転車と同じなんだよ。



以前、ずっと通っていた精神科の医師の言葉。

不安神経症の予期不安がなかなか取れず、
行動的じゃなかった頃言われた言葉。


そういうのって後から実感したりする。



一昨日の金曜日。

夏バテなのか体調が優れず、夕方リハビリに行くか迷っていた。
でも行ってみたら、帰り道体が軽くなってることに気付いた。



マッサージして貰って、血流がよくなって
だるさやコリが取れたからだろうけど、それだけじゃない。



リハビリをしながら、理学療法士さんのたわいもない会話をするのも
気が逸れるというか、晴れるんだろうと思う。



あの時、U先生が言ってた通りだ。
とりあえず動いてみたらいいんだ。
いや、動いた方がかえって体調がいいことの方が多い。


止まったまま考えこむより、不安がるより
動かなきゃな、と思ったのだった。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク