不安神経症のリハビリの最中乳がんに。「なんでまた私なのよー!!!」と嘆いてもいられず・・・怒涛のしこり発見~治療記録の赤裸々本音ブログです

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。


ネタ切れにつき、以前書こうといしていたがん友さんの主治医の話し。


がん友Mちゃんは、妹のママ友さん。
2010年の1月、市の検診でしこりが見つかり、医療機関へ精密検査に行くとことになり、
何度も乳がん検診をしている私に電話があった。


「しこりと言っても、良性の乳腺線維腺腫の可能性の方が高いから
大丈夫よ~ がんなんて確立低いんだから~」

なんて励ましたのだが、残念なことに乳がんだったのだ。

温存も出来たのだが、Mちゃんは乳腺を残すことに不安があり、
全摘を希望した。

術前の検査では大人しい種類の乳管がんだと言われていたのに、
病理結果はグレード3。HER2スコア3、ホルモンレセプター+だったのだ。

このMちゃんの主治医は女性で、術後抗がん剤治療の最中にとんでもないことを言い、
Mちゃんは恐怖のどん底に叩き落とされた。


「あなたは再発してもおかしくないんだから」


そう言ったのだ。
Mちゃんは当時、今以上に脅えてしまってた。


そのMちゃん、今年1月にPET検査を受けると言っていたので、
どうなったか訊いてみたら、2月に延期になったとのこと。
なんでだろうと思ったら、その女医、


「なんか再発しない気がするから

2月でいいかな」

と言ったそうだ。


は?は?は?何それ!!!!


再発してもおかしくないと脅かしておいて、
今度はしない“気”がするだと?!

“気”ってなんだよw あんた医者だろw 
占い師でも霊媒師でもないだろw

「なんだよ、それー 前は再発してもおかしくないって言ったんでしょ?」とMちゃんに言うと

「もう慣れっこになっちゃった。それってネタかよw 
あなた医者でしょ!って思うようなことしょっちゅう言うからさ」


って・・・・・・・


Mちゃん心中お察しします。
私なら、猛烈に叩きのめしてるだろうなw
Mちゃん優しいから。

MちゃんのPET検査きっと異常なしだ。
だって血管痛の酷い抗がん剤と、1年間ハーセプチン頑張ったんだもん。
がんなんてもう体の中から消えてなくなってるよ!

そうそう、Mちゃんは乳がんになってから食事にすごーーーく気をつけていて、
がんになる前の食生活にすっかり元に戻ってる私が、
見習わなければいけないところいっぱいなのだ(´・ω・`)



ランキング参加しています
応援して頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク