不安神経症のリハビリの最中乳がんに。「なんでまた私なのよー!!!」と嘆いてもいられず・・・怒涛のしこり発見~治療記録の赤裸々本音ブログです

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

以前記事にもしたが(すぐに非公開にしてしまったが・・・)
私が乳がん告知を受けて、妹は心配より先にわが身を心配し(怖がり)
乳がん検診を受けに行った。

だが、母に至っては一度も受けていない。
妹も2年前の1回きり。

今や2人に1人ががんになるのに。
16人に1人が乳がになるのに。
リンパ節に転移したら、抗がん剤は免れないと知っているのに。

自分に限って大丈夫だろう、

そう思っているのだ。

私の手術やその後の治療の副作用を見ているのにだ。
やはり抗がん剤による派手な副作用を見ていないとそんなもん?

今年入ってすぐに友人数人にカミングアウトしたのだが、
友人も同じく、人ごと。
1人はしこりがあるにも関わらずだ。(以前摘出したがまた出来ているらしい)

40も過ぎて検診すら受けてないなんて、どこまで過信しているのだろう。
だけど、私はこれ以上何も言えない。

がん告知のあちら側とこちら側、なのだろう、きっと。


追記)

誤解を招く書き方をしたかも知れません。
タイトルの「人達」も最初は「身内」と書いたんです。

えっと、家族内に乳がんに罹患した私が居るのに、ということを言いたかったんです><
友人は付けくわえただけというか・・・・
でも友人に居たら、自分の事も心配になりますよね。

要は身内や身近に乳がんに罹患した人がいるのにということです。






にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。