不安神経症のリハビリの最中乳がんに。「なんでまた私なのよー!!!」と嘆いてもいられず・・・怒涛のしこり発見~治療記録の赤裸々本音ブログです

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

8月5日で術後まる2年経過。

8月1日に乳腺外科の診察があるのだが、2週目にT主治医が今年は夏休みを取る為、
前の週の1日は検査が混んでいるのか、
検査と診察までの時間が4時間も開いてしまう。

なので先週の木曜日、総合診療科の診察があったので、
検査だけ前倒しで受けた。

・血液検査
針を刺すのがうまく、痛みをほとんど感じないうえ、
血液2本摂るのもあっという間だった。

・胸のレントゲン
1年ごとの検査に入ってないのだが、母の友人にステージ4の肺線がんが見つかり、
怖くなって個別で希望した。

・マンモグラフィー
今年も去年に引き続き、横方向からは何とか痛みに耐えられたのだが、
上下は激痛で無理。
「痛かったらすぐに外してくださいね」と頼んだ。
挟んでいく途中で痛みからか、スルっと外れてしまった。
「痛い!!!」と叫んだ時、体を無意識に離したのかも。

術側は普段からまだ痛みがある。
傷口だけでなく、胸全体が痛いのだ。
乳輪も痛いし、まだ感覚が戻ってない。
それに、シャワーホースが乳首にあたっても痛い。
癒着もまだかなりある。

痛みは個人差が大きいと言うけど、
みんなマンモちゃんとやってるのだろうか?

痛みで挟めないのなら仕方ないと、
エコーを去年のものと比較しながら撮っていくことに。

・エコー
去年と変化もなく、異常なし。
術側になるのう胞は、わからないまでに小さくなっているとのこと。


エコーで異常がないと言われて、すっかり安心し、
懸賞で当選した、ドトールのヨーグルンをテイクアウトして、
帰宅の途についたのであった。

結果は8月1日。


あ、そうそう、相方!
やっぱりついてきてくれなかった。
これについては、また改めて書くとしよう。
(記録としてね・・・・)


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。