不安神経症のリハビリの最中乳がんに。「なんでまた私なのよー!!!」と嘆いてもいられず・・・怒涛のしこり発見~治療記録の赤裸々本音ブログです

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

今日は皮膚科と婦人科を受診。

皮膚科は乳がんの検診に行っていて、がんが見つかった時に
暴言吐かれた、I市民病院。

以前一度受診したら良かったから。
もう5年前になるし、医師が同じかはわからないけど。

皮膚科での話はまたいつか、とういことで婦人科での話。

10月でリュープリンの接種がまる2年になり、やめるかもう1年続けるか迷っているのだが、生理が復活したら、子宮筋腫は大きくなるか質問した。

すると予想外の返事が返ってきた。

「年齢が45歳でしょ。2年間強力に止めてしまってるから、
生理が戻ってこない可能性があります。そしたら大きくなることもないです」

「え・・・・・・」


乳腺のT主治医は、その年齢なら戻ってくると思うと言った。
9ヶ月くらいかかるとも言った。

戻らないって、うそ・・・・・・・

「30代の人は戻るけど、40代ではなかなか戻らないですね
止める前にどれくらいの女性ホルモンがあったかにもよりますが」

戻るとしたら半年くらい、早い人だと3カ月だそうだ。


診察室を出たら、泣きそうになった。
止った時も動揺したけど、期間限定だからと気持ちを収めた。
なのに今になって、このまま戻らない可能性があるなんて。

嫌だ。絶対嫌だ。このまま女じゃなくなるなんて嫌だ。

相方にメールした。
最初は「まだ決まった訳じゃないんだし、気に病むな」と言っていたのに、
さらにやり取りすると、私の大嫌いなフレーズが返ってきた。

「死んじゃう人もいるんだから、くよくよ考えるな」

「前にも言ったけど、比較論じゃないでしょ!
死ななかったら、なんでもいいわけ?!」

最後は「俺の言い方が悪かった」と言ってくれたけど、
それもこの場を収める為に言ってる気がしてならないし、
こういう考え方は変わってないんだ、と思ったら、
さらに落ち込んだ。


仕方がないと言えばそれまでだけど、
一番寄り添ってもらい人にそう言われて、今後のことも考えかねないくらいショックだ。

今度ちゃんと話さないと、わだかまりとなって残ってしまう気がする・・・・。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク