不安神経症のリハビリの最中乳がんに。「なんでまた私なのよー!!!」と嘆いてもいられず・・・怒涛のしこり発見~治療記録の赤裸々本音ブログです

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

少し前の記事に、ホルモン治療の副作用で、
陰部が切れると、大胆告白?したのだが、
子宮がん検診の結果を聞きに行った先週木曜日、
女性ホルモンの膣剤の、投与と処方をしてもらった。

薬の名前は「エストリール膣錠」

局所のみに作用するから、乳がん患者でも使えるとのこと。
短期間使ってみましょうと12錠処方された。
4日くらい続けてみて、調子良かったらさぼってもいいよ、と。

帰宅後、ネットで薬を検索............

持田製薬
エリストリール膣錠0.5mg 添付文書情報


【禁忌(次の患者には投与しないこと)】
エストロゲン依存性悪性腫瘍(例えば乳癌、子宮内膜癌)及びその疑いのある患者[腫瘍の悪化あるいは顕性化を促すことがある。]

【使用上の注意】
慎重投与(次の患者には慎重に投与すること)
乳癌の既往歴のある患者[乳癌が再発するおそれがある。]


使えます? 皆さんなら使えます?
いくら局所のみと言われても、この文書見て使えます?

病院(婦人科)へ電話した。
さきほどの女医に訊ねてくださり、病院から折り返し電話。
すると、やはり同じ答え、「局所のみなので大丈夫ですよ。気になるようだったら使用しないでください。」

それでも気になるので、乳腺外科へ電話。
その日はT主治医の外来の日ではないので、月曜日に訊ねておいてくれた回答を
火曜日に電話で聞いた。

「乳がんであることを伝えた上で処方した、婦人科医に訊ねてください。」

いや、どうだったかな・・・ちょっとニュアンス違ったかな?

「乳がんであることを伝えた上で処方されたのなら大丈夫でしょう
それ以上のことは、処方した婦人科医に訊ねてください。」

だったかな?


どちらにしても、私、ちょっとショックだった。
T主治医は、乳がんの禁忌の薬なんて、もちろん知ってると思ってた。
そんな曖昧な回答が来るとは、思ってもみなかった。

今、ネットでとある婦人科の掲示板に使用していいか質問出しているところ。
まだ回答はない。
それに、来週水曜日は乳腺外科の受診日なので、もう一度訪ねてはみるつもり。

もちろん、膣錠は投与された1錠以外、使ってはいない。

1錠投与しだけで、歯科で抗生物質を飲んでたこともあるかも知れないが、
赤みもひりひり感もなくなった。すごく効果があるみたいだ。
酷い時だけ使いたいから、禁忌なのかはっきりさせなくっちゃ。

心配し過ぎじゃないよね?


ちなみにこの症状、病名をつけるとしたら、
「低女性ホルモンによる、委縮性膣炎」だそうだ。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。