不安神経症のリハビリの最中乳がんに。「なんでまた私なのよー!!!」と嘆いてもいられず・・・怒涛のしこり発見~治療記録の赤裸々本音ブログです

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

化学療法後の、認知機能の低下をケモブレインと言うが、
ホルモン治療受容体陽性の乳がん治療に用いられている
タモキシフェンでも同じように、認知機能の低下や脳の他の機能障害を
与えるかも知れないと言われている。

人呼んで、タモブレイン”

※関連記事 海外癌医療情報リファレンス 
ケモブレインのメカニズムについて考察する


確かに飲み始めてから、頭がすっきりしないというか
理解するまでに以前より時間がかかっている自覚がある。

なんとなくではなく、昨日と今日、これぞタモブレインでは?!
という事件が起こった。

まず昨日の話し。

朝食に台所に入ると、石油ストーブがついていた。
母が「消しておいてね」と言って、出て行った。
しばらくして戻ってきて、「消した?」と訊かれたので、
「消したよ」と答え、私は支度した朝食を自室に持って行き食べていたのだが・・・・

少しすると、台所から母のただならぬ声が!
どうしたのかと、駆けつけると、なーーんと!
ストーブは消えておらず、そうとは知らない母は、
灯油を入れようとそのままタンクを出し、
離れで灯油を入れて来て、火のついてるストーブにセットしたのだ!

どうも灯油がなくなりかけていたので、私に消しておいてと言ったそうなのだが、
全然聞いてなかったし、そういやあ消さなかったし・・・・・

なのに何で「消した」なんて言ったのだろう???
何で消したつもりでいたのだろう???

火がついてるままでタンクを入れるなんて、
めっちゃ危険じゃないの!!
下手したら火ダルマ&火事だし!!


そして今日の話し。

3月の総合診療科の予約を、乳腺外科の予約の翌日に取ってしまった。
別に行けないことはないけど、とても疲れるので、2日連続は避けたい為、
予約を取り直した。

そしたら、今度は薬がその日までしかない。
これだって別に足りないわけじゃないからいいのに、
風邪でも引いて行けなくなったらまずいからと、
心配症が顔を出し、再び予約を取り直したのだ。

で、今朝、薬を飲もうとしたら、薬のシートに書いた日付があってないことに気付いた。
おかしい・・・昨日までちゃんと合っていたのに、
今日見たら、22日からの分がまだ残っている・・・・

毎日ちゃんと間違えずに1錠づつ飲んでいるということは、
日付を書き間違えてたのだ。

もう一度確認すると、薬は変更前の日より6日、多めにあった・・・・・

なんでだ・・・なんで・・・なんの為の日付記入なんだよ・・・・・


恥を忍んで、3回目の予約取り直しをしたわよ。
だって9時15分の予約なんて、夜更かしの過ぎる私には
とっても辛いから!

電話に出た総合診療科の方、何度も予約日時復唱してたわよ。
もう私、おかしな人扱い ・゚・(つД`)・゚・ ウワァァァン

そして、母にも言っておいた。
私のことはあてにしないでね、と・・・・・・


****

これって、タモブレインなんでしょうか?
ただの物忘れと呼ぶには、治療前と比べて酷過ぎる。

それと、この障害というのは、投薬をやめれば元に戻るのだろうか?
もう壊れた機能は元に戻らないの?

来週受診なので、T主治医に訊ねてみようと思う。
タモブレインで忘れてなかったらね・・・・・( ̄ー ̄)

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク