不安神経症のリハビリの最中乳がんに。「なんでまた私なのよー!!!」と嘆いてもいられず・・・怒涛のしこり発見~治療記録の赤裸々本音ブログです

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

9月12日(月)総合診療科受診

いつも通り、診察前にベッドで横になり血圧を測ってもらう。
その前に!!

つい最近、この科、診察ミス?があってニュースで記者会見していたそうなのだ!
なんでも、腹痛を訴えた急患を、盲腸だから今すぐ急ぐことはないと帰したところ、
翌朝出血多量?で亡くなったそうだ。腸に穴が開いていたのを見逃したとか・・・・・

記者会見では、「若手の医師が占めているので、ベテランも入れ、再発防止に努めたい」
と言っていたそうだが、私の血圧を測った医者!見たことない若い男性医師だし、
水銀の血圧計で、ぎゅーーーーとしたままどっか行っちゃうし!
そんなの初めてだから、焦ってもう少しで自分ではずすところだったじゃないかー

次回言おう。絶対言おう。離れたら怖いですって。
普通ないでしょ?その場離れるって。
自動のだと、タイマーで時間が来たら勝手に測るけどさ・・・・。


・・・・と話をぐーと戻さなくては。


血圧は140-90だったかな?
ああ、書いた紙貰うの忘れたー
先生は脈拍も見たいのに、ここの人ったら血圧だけ伝えたみたい。
結局脈拍も70台で安定。

続いて舌の視診。
「健康的になってきましたね」と先生。

そうなんですよ、自分でも気づいてた! 舌の色がいいの。
舌に歯の跡もちょっとしかついてないし~
でもまだちょっと舌苔がついてるけど(;∇;)

肌の調子がいいことを話すと、「そいういうこともあるかも知れませんね」と。
 ええ~、効能にあるのかと思ってた。ほら乾燥にいいって、何かの漢方薬にあったのよ。
これは違うのかな。

ということで調べてみた。

ツムラ漢方薬24番 ツムラ加味逍遙散(ツムラカミショウヨウサン)

ツムラ医療用漢方製剤ガイド


実は本家は詳しく書いてない。
なので、、、

おくすり110番

血液循環をよくして体をあたためる一方、のぼせなど上半身の熱をさまします。
また、ホルモンのバランスを整える効果も期待できます。
どちらかというと女性向けで、体が虚弱で疲れやすく、
イライラや不安感をともなうときに向きます。


ここで間違っていけないのは、その結果、
更年期障害や自律神経失調、月経前緊張症等に効果があるということであって、
病名は後からついたということ。

私が効果を感じられるのは、ホットフラッシュだけ。頻度が減ったから。
前は目が覚めると必ずかーーとなってた。
自律神経が副交感神経から、交感神経に切り替わるから。昼間ももちろん数回なってた。
でもこの24番を飲むようになってからは、ホットフラッシュがない日もあるくらい。
肌も血流がよくなって、栄養が届くようになったんじゃないかと思ってる。

先生は最初25番だたか26番と迷ってたんだけど、これで良かったってことなのかな~
1つ言えば、漢方薬で不安なんてなくなりませんから~~( ̄∀ ̄)

長くなってしまった・・・

精神安定剤を頓服として前回処方されたのだけど、
それについて、ひと悶着あったことは、また今度書くとします。
というのも、先々週だったかな?不安感が出てしまったの。
ずーーーと出てなかったのに。あれはね、間違いなく更年期症状の不安だわ。
不安神経症のと違うの。何がってそれもまた今度。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク