不安神経症のリハビリの最中乳がんに。「なんでまた私なのよー!!!」と嘆いてもいられず・・・怒涛のしこり発見~治療記録の赤裸々本音ブログです

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

ずっと書けずにいました。

N大学病院で手術前に知り合ったNさん。
術前ホルモン療法の臨床試験に参加していて、
半年間フェマーラを飲んだ後、今年1月に温存手術を受けた。

退院して数日経つから、電話でもしてみようと思っていたら、
Nさんからかかってきた。
てっきり自宅からだと思ったのに、まだ入院してると言うではないか。

そうなのだ。
脇のリンパ節に転移があり、リンパ郭清していたのだ。


なんで!!

閉経後で、ホルモンレセプター+、HER2-でⅠ期対象の試験のはず。
脇への転移もないと言われてたのに、なんで・・・・

「こんな試験に参加なんてしないで、すぐに手術してれば転移なんてしてなかったかも」

そういうNさんになんて声をかけていいのかわからなかった。
フェマーラ服用中、腫瘍の大きさを何度も測っていた。
でも誤差程度しか小さくなっておらず(変化なしととらえたらいいのか)
何度も試験の参加を取りやめるか迷っていたのだ。

私がもっと強くそうするよう勧めていたら・・・・・・

リンパ節転移と言っても、センチネルリンパ節に微小な転移が1つのみだ。
T主治医もすでに転移はしてたか、それはわからないと言うだけ。

そりゃ誰にもわからないことだろう。
でも手術を伸ばして小さくするような大きさでもなかったことは、誰でもわかる。



抗がん剤治療をするか、Nさんはとても迷っていた。
以前ならセンチネルだろうが転移をしていたら、抗がん剤は絶対だった。
でも今は、1個なら省略しても再発率に変わりはないと言われ始めているらしい。

T主治医もどちらとも言えないらしく、浜松オンコロジーにセカンドオピニオンに行ったが、
その医師も同じことを言ったそうだ。

結局抗がん剤はやめたNさん。
その後の試験の振り分けで、抗がん剤なしのグループに入った途端、
「なしのグループでほっとしている」とT主治医が言ったとか・・・・・


こんなこと書いて良かったのかな?・・・
でもこうやって臨床試験に参加してくださる大勢の方がいて、
今の治療法が確立しているのだと思うと、書かずにはいられなかった。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク