不安神経症のリハビリの最中乳がんに。「なんでまた私なのよー!!!」と嘆いてもいられず・・・怒涛のしこり発見~治療記録の赤裸々本音ブログです

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

つかの間だった。
降圧剤を飲んで調子良かったのは、最初の2日だけ。

ふわ~としなくなったから、まっすぐ歩けたし、
目もぼやけないし、体も軽かった。

予期不安で頭を締め付けられることが原因のふわふわと
高血圧でのふわふわと
重なっていたと、初めてわかった。

でも3日目からは、前にも増してふわふわが酷くて、
降圧剤飲んでも血圧が高いようだ。


※経過をメモ※

【7月13日 総合診療科】
196-104 127
174-106 129
173-94   113(30分後)
167-88  113(30分後)


【7月22日 整形外科】
158-100 (リハビリ後)


【7月25日 総合診療科】
140-78 76


【7月28日 総合診療科】
18?-90 71
16?-?      71

【7月29日 整形外科】
164-98 (リハビリ前)
152-90 (リハビリ後)


高過ぎだろっ!
28日なんて、帰りにデパートに行ったのだけど、
買い物してても倒れるかと思うくらい、ふわ~ってしてたよ。

でも脈拍は投薬後から上がってない。
このメインテートという降圧剤は、動悸を整えて血圧を下げる薬だから、
効果が出ているようだ。

降圧剤にも種類があって、血管を広げて下げるタイプは、
ホットフラッシュが強くなる為、使いたくないそうだ。

S主治医に、血圧計を買って定期的に測った方がいいか訊ねると、
「おっしゃる通り、測って高値が出ると気にしてしまうからね。
でも家での血圧を知る上では測った方がいいのだけど」とのこと。


とりあえずしばらく、整形外科のリハビリ時に測って貰うことにした。
そうそうリハビリ!8月からは週1で様子を見ましょうと言われたのだが、
10日の1年検診までは今まで通り、週2にして貰った。
だって・・・1年検診怖いもん。


あ、忘れてた。
降圧剤は増やすかこのままで様子見かの選択になったが、
次回の受診日15日まで、メインテート2.5㎎で様子見ということにした。
ちょっと後悔。ふわふわが全然落ち着かないから。
まじで危ないんだよー

でも更年期による(予期不安も)自律神経の乱れが原因だから、
血管が切れることもないだろうし、それだけは安心。
早く薬でコントロールして、もっと自由になりたいな。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。