不安神経症のリハビリの最中乳がんに。「なんでまた私なのよー!!!」と嘆いてもいられず・・・怒涛のしこり発見~治療記録の赤裸々本音ブログです

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

上腕三角筋の痛みが肩にも放散して、
可動域の制限もさらに狭まってきた。

なので、20日の乳腺外科受診の日に、
病院内の整形外科へ紹介状を書いてもらった。
と言っても、その紙を持って初診としていつ行ってもいいとのこと。

なので早速本日受診してきた。

その結果、肩関節周囲炎と診断されました!

レントゲン撮影でわかったのは、肩と腕の間が狭まっているということ。
腱板が薄くなってる?ようなことを言われた。

原因はというと、術後傷をかばって動かさなかったから。
だってねー、私、人より傷やその周りの痛みが強かったのよ。
可動域も狭かったし。

その可動域は時間経過と共に、どんどん広がってきてたのに、
今じゃ術後以上の狭まりですよ。

とりあえず今は痛みが酷いので、おさまったところで近所の病院へ転院してリハビリです。
自分ではなかなか出来ないからね。

あ・・MRIを撮って、はっきり診断した方がいいと言われたっけ・・・
次回いつかわかんないけど、受診してそこをもう一度聞いてみよう。


そして、骨転移。

これを恐れていたことを話した。
すると、レントゲンではそれは見受けられないとのこと。

初期ならもちろんレントゲンにも写らないのだが、
症状(痛み)があれば、レントゲンでもわかるということだった。



良かった・・・転移じゃない・・・生きられるんだ!

診察室を出て、そう心の中でつぶやいたら、
涙があふれてきてしまった。

痛みなんてへっちゃら
だって生きてるから感じられるんだもん!
生きていられるならそれでいいんだ!

よーし、恐怖に震えて時間を無駄にしてたから、
その分取り戻すぞー


ブログに訪問して頂いてる方々。
ご心配お掛けして申し訳ありませんでした。
心配症で、すぐにおろおろしてしまう私ですが、
これからもどうぞよろしくお願いします。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク