不安神経症のリハビリの最中乳がんに。「なんでまた私なのよー!!!」と嘆いてもいられず・・・怒涛のしこり発見~治療記録の赤裸々本音ブログです

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

いつからだろう?

術側の上腕部が痛い。
前は傷が痛くて腕が上がらなかったのだけれど、
ここ最近は腕が痛くて上がらない。

腕の使い過ぎかな~とも思っていたが、
今日、耳下腺炎で総合診療科を受診したので、ついでに訊いてみた。

「術側ということでかばって動かさないで居ると、
筋肉が固まって筋や筋肉が痛くなってきますよ。」
とのことだった。

実はひょっとして、四十肩?とも思っていた。
四十肩だと肩の関節部分が痛くなるらしい。
私はその下なんだよね。


でもね、今すごく不安。
本当に筋や筋肉を痛めているだけ?
もしかしたら、骨転移じゃないの?って。

痛みが出だしたのは、年末だと思っていたら、
ブログをさかのぼってみると、年末から痛かったのは肩甲骨で、
今年1月19日の乳腺科受診前には痛みがなくなっている。

肩甲骨の痛みがなくなって、しばらくしてからだから、
多分今月入ってからだな・・・・

筋肉の痛みだと思っていたから、先週の3か月検査の時に
話すのを忘れてしまった。

腫瘍マーカーが高くなるのは、進行してからだと聞く。
でももし転移で痛みが出ているなら、それは進行しているということ。
だから、大丈夫なのかな~。

とにかく怖い。早く痛みなくなってほしい。



ちなみに今回の耳下腺炎、おたふくではなかった。
おたふく以外のウイルスだそうだ。
おたふくは過去に罹っていることもわかった。

イソジン買ってこよう・・・

ああ、早く来月の受診日来ないかな。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク