不安神経症のリハビリの最中乳がんに。「なんでまた私なのよー!!!」と嘆いてもいられず・・・怒涛のしこり発見~治療記録の赤裸々本音ブログです

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

なんといっても入院するのが初めての私。
ましてや、一人外泊するのもひさしぶりなのだ。

さて何を用意したらいいのか・・・・

パジャマはN大病院初受診日の翌日に、デパートのバーゲンで
早々に買ってしまった。

前開きのパジャマって、ほっっんとないのね。
2枚は買ったが足りないだろうと、1枚前開きのネグリジェを買い足した。
私、夏はネグリジェ(ネグリというかワンピ)なのだ。

なのに、入院の説明を聞いたら、なんと!病院で寝巻きを貸出していうではないか!
しかも1日70円!!! 買わなきゃ良かった・・・・

ほんと便利なのね~。
入院される方は、事前に貸出がないか尋ねてみるといいですよ。


あと、持っていって良かったなと思ったのは、
ウェットティッシュ、紙コップ、食器洗剤と小さく切ったメラニンスポンジ、
洗顔用泡立てネット、女性用シェーバー(術前に脇毛が少しでも伸びていると剃られる・・・)
それくらいかな~

ドライヤーはくるくるドライヤーを新調して持っていった。
結局手術前日の1日しか使わなかったが。

あ!忘れてはいけないのが、カップ付きキャミソール!
退院する時にブラジャーは痛くてつけれないので。


で、パッキング。
これね、雑誌で見たのだれど、ジッパー付きのビニール、
あれがとってもお勧め。

袋に入れると中に何がどこに入っているかわからないのね。
これなら付き添いにでも、一目瞭然で便利。
もちろん100均で調達。

タオルも思ったより多めに持っていくといいかも。
術後熱を出して、氷枕を作って貰ったのだが、
それをくるむタオルが必要だったから。

これから入院という方、参考になさって下さい。


※追記
退院時にカップ入りキャミソールがいいと書きました。
手軽に手に入れれるものだと、ユニクロと無印ではないでしょうか。
私は最初ユニクロのものしか買っていなかったのですが、
ユニクロはキャミの中にノンワイヤーブラがついているタイプです。
手術したてはそれさえも痛かったです。
ですので、傷が落ち着くまで、無印の「裏メッシュキャミソール」が良いと思います。
これは胸の部分がポッケ状になっていて、中に薄いパッドが入っています。
キャミソール自体も、ユニクロと違って、ストレッチがきつくありません。
(傷の位置によって違うと思いますが。)



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク