乳がん 放射線治療

ここでは、「乳がん 放射線治療」 に関する記事を紹介しています。

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

放射線の副作用の晩期に骨折しやすいとあるが、
高齢になるとさらにリスクは高まるか、
先週の乳腺外科受診の際、質問してきた。


放射線を当ててるから、高齢になったら当ててない人に比べて、
骨折しやすいんでしょうか?と訊ねたら、

「咳だけでも折れますからね、肋骨」


と言われ、ああ~~と思った。
折れやすいんだよね?

折れる人は咳しただけで折れてしまうんだから。

でもT主治医は多分、折れる人は放射線あててなくても折れるからという意味で
言ったのだろう。


続けてT主治医、

「腰骨や背骨のように、加重骨ではないので、それほど気にしなくていいですよ」



なるほど。。。肋骨は体の重みが加わらないからいいんだ。


念の為、運動やスポーツをする方は気を付けてくださいね。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

スポンサーサイト
少し前に、放射線の副作用で骨折しやすいというのを
忘れていたと書いた。

治療前に貰った副作用のプリントをカメラで撮ったので載せるとする。


出現する可能性のある副作用(該当するものを■印にする)とあり、
急性期(照射中~数か月)と晩期(治療後数か月以降)に分かれている。


P1170170.jpg 


■印がついている臓器→腕、肺、乳腺、皮膚、骨・骨髄


黄色のアンダーラインは、私自身が注意せねばと思い、当時引いたもの。
骨折は、その他の骨・骨髄の晩期に載っている。


P1170169.jpg 

注意:成長が悪くなることあるというのは、小児の場合。


そこで!撮った画像を見ていて気付いた!!

忘れていた副作用が2つもあることを!!
正確には、忘れていたというより、晩期のみの副作用なので、気にも留めてなかったのだ。


P1170171.jpg 


腕の晩期  →   むくむことがあります。

乳腺の晩期 →  硬くなることがあります。




はいはいはいはい!! どちらもあります!! (`・д´・ ;)


罹ってる整形外科の院長が診察の時に、
放射線で腕がむくむことがあると言ってたけど、内心ほんとかよと疑っていた。
昔はいい加減な当て方していたから、バンバンに腫れる人もいたって。

ごめんなさーーい。

本当だったんですね。。。。。


それと乳腺!

これはT主治医が言っていたこと。乳腺が固くなるというか委縮?するって。
私はそれプラス胸のむくみがあるのだけど、それの掲載はないな~・・・・・・


乳腺はともかく、腕のむくみの原因が放射線の場合もあるとしたら、
放射線科を受診するという手もあるのだな。

と言っても、受診したところで予防法も対処法も変わりないのだが。


追記
この記事の後だったか、前だったか忘れてしまいましたが、
主治医からは、放射線で胸が浮腫んでいると言われたんでした!
すっかり忘れていました汗


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

時々やる失敗。


腕まくりをしようとして、服を勢いよく引っ張って、
術側の胸を自分の手で、ドン!

「痛い!!」


正確に言うと胸のふくらみの上の部分。

それを年1回か2回、忘れた頃にしてしまうのだけど、
それをすると思い出す。


放射線をかけると、骨折しやすいということを。

治療が始まる前の説明で、「骨折に注意してください」と言われ、
「いつまでですか?」と訊いた私。


「一生です」

の言葉にひどく傷ついてたな~



なのに、すっかり、忘れてた・・・・


でも胸を強打することなんて、早々ないものね。

あ、これから年を重ねると、捨て身で転んだりするんだよね。
昨年亡くなった祖母も、晩年はよく倒れたり転んだりしてたっけ。


気にしてばっかりもなんだが、すっかり忘れてしまっているのも
いけないのかな~


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

今日は最後の放射線科受診。
2010年10月いっぱいで放射線治療が終わり、1年半経過観察してきた。

半年前にはまだ脇の一部分に焦げた後があったが、
もう今は綺麗な肌色に戻っている。

前回の受診時、あと半年後に1回来たら、もういいかな、と言われていたのに、
もう1回半年後に来るか、それとも何かあったら来るか、どちらにする?と尋ねられた。

気になることもないし、一応これで終了にしたいと返事。
何かあったら来てくださいねと言われたが、何かって・・・・

2次がんの白血病?とか肺炎とかかな。
あ、違う。放射線肺炎にかかる時期はずっと前に終わってるんだった。
がん友さんのTさんは軽い放射線肺炎に罹ってしまったんだよね。
咳が出るからおかしいって言ってて、レントゲン撮ったら判明したのだ。


毎日毎日25回通った放射線。
不安神経症の予期不安で浮遊感があるから、
台を動かすのがほんと気持ち悪いやら怖いやらで技師さんにも手間をかけてしまったっけ。
放射線酔いのめまいがしたり、ふわふわ感がいつも以上に酷くなってしまったのに、
担当医には放射線酔いでめまいはないなんて言われて、
ほんと腹が立ったんだよね。。。。

だから、経過観察が終わったら投書しようとか、
最後に、「めまいってあるんですよ」と言ってやろうとか、
昨日はちょっと考えてしまったが、今日はきちんとお礼を言って
診察室を後にしたわよ~

受付の女性に今日で終わったと報告したら、
「解放された?」と訊かれて、解放って言うんだと驚いた。

そう、これで解放。
なんだか感慨もひとしおだ。








あ、忘れてた!
画像撮ってあったの。術後や放射線終了後の画像!
ほとんどが前の携帯に入ってて、SDカードに移してアップしようと思ってて、
こんなにも時間が経過してしまったw

近々アップします!



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

昨日は放射線科と総合診療科受診だった。

放射線はちょうど1年前の9月終わりから、10月はまる1か月照射に通った。
なのでちょうど1年経過していることになる。

今回半年ぶりの受診。
肌を診てもらったが、特に何もなく、まだ残る脇の焦げも
問題ないそうだ。

ここ最近気になっていた、術側の腕の浮腫み
「そう言われれば、指が2本左よりしわがないですね。
ちょっと浮腫んでるかも」

でしょでしょ、そうなのよ、
理学療法士の先生は変わらないって言うけど、このしわ見ればわかるわ。

リンパ浮腫の初期症状の、腕のだるさと違和感もあるし・・・

それと、浮腫むのは腕だけではないと聞いたので、
胸も診てもらった。

すると、「術側が少し浮腫むというか腫れぼったですね」って。

ああ、やっぱりil||li_| ̄|○il||l

まあ、リハビリでも言われてたし・・・・


そうそう、昨日は、N大学病院のがん相談員の方で、リンパ浮腫に詳しい方がいらっしゃるので、
行ってみたのだが、これまたお休み。

乳腺外科でもマッサージ方を教えて貰えるとかなので(T主治医はそんなこと言ってたかったぞ?)
次回の受診時に相談してみるつもり。

しばらく、リンパ浮腫の心配が続きそう(´・ω・`)




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。