CYP2D6遺伝子検査 フェアストン

ここでは、「CYP2D6遺伝子検査 フェアストン」 に関する記事を紹介しています。

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

一昨日11日の乳腺外科で、診察を終え椅子から立ち上がった私に、
T主治医が振ってきた。


「じゃあ、5年でね~(ワラワラ)」

「だって先生、またがんになったら怖いじゃいですかー」

「ん?別のがん?」

「いえ、乳がん。また初発で罹ったら」と言いながら胸に手をあてる。


「予防は5年ですからね~」

「まあ、CYP2D6の検査で低代謝に近いと出てるので、延長してまで飲むのがどうかとも思いますが」

「でも、あれだもんね、粘膜から取ってるもんね」

と、口の中の粘膜を取るしぐさをするT主治医。


「そうなんですよね~ 血液で検査したかったんですけど~」




というやりとりを備忘録として書いておく。

今からだって、愛知県内に血液でCYP2D6遺伝子検査をする施設が見つかったら、
絶対受けたいと思っている。

なぜなら、CYP2D6はなにもタモキシフェンのみを代謝する酵素でないから。




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

スポンサーサイト
※文中に追記


記事にしようと思っててずっと忘れてました。

今さらだが、CYP2D6と薬の効き目について

薬の種類によっては一種の酵素だけで解毒化されることがあります。その一種の酵素の遺伝子が欠損している人がいるとして、その人がこの薬を服用したらどんなことになるでしょうか。身近な例をお示ししましょう。風邪を引いて薬を飲みます。風邪を引いたときには鼻水が出ます。この鼻水を押さえるために、総合感冒薬には抗ヒスタミン薬が配合されています。この抗ヒスタミン薬は我々がCYP2D6と呼んでいる酵素でもっぱら解毒化されます。さて、CYP2D6を遺伝的に欠損している人が日本人には1%位います。この1%の人々が普通の人と同じように3錠の風邪薬を飲んだら、この人々は風邪薬に含まれている抗ヒスタミン薬を解毒化出来ず、普通の人が30錠―300錠の錠剤を服用したのと同じくらい効果が出てしまいます。その結果、抗ヒスタミン薬の副作用である、眠気、その眠気と言っても尋常ではなくて、このような人たちが1回風邪薬を服用すると2日間くらい仕事にならないくらい眠くなってしまいます。


薬の効き目とがんのリスクより転載


風邪薬だけでなく、他にも数十種類そのような薬があるそう。

私のCYP2D6遺伝子は*1*5
半分平均代謝で半分が欠損。だったら代謝する力は半分かと言ったら違って、
もうちょっと低い。


通りでだ----------

不安神経症で安定剤飲んでいた時も、最後の方は一番軽い薬でも眠かった。
かと言って、眠ってしまうほどではない。
(子供の頃は平気で咳止めや風邪薬飲んでたっけ・・・・あれれ)


※(追記)ここから

思い出した!
精神安定剤と市販の風薬を一緒に服用したら、
翌日の昼過ぎまで眠ってしまったことある( ̄□ ̄;)

と書きましたが、後日精神科医に話したら、
精神安定剤の眠気と、抗ヒスタミン剤の眠気は別、と言われました。

ここまで



そういうこともあって、抗ヒスタミン剤は極力(ほとんど)飲んでいない。

免許書と今服用している薬を一緒に財布に入れているのだが、
そこにCYP2D6は*1*5と書いておこうかな。

ちなみにタバコを吸っても肺がんにならない人は、
CYP2A6遺伝子が欠損しているのだとか。
相方、欠損してればいいな~


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

フェアストンの副作用ふらつきに対して出た漢方薬なので、
このカテで。

ツムラ37  半夏白朮天麻湯を1日2包、一か月服用した。
15日の木曜日、総合診療科受診。

酷い時に比べると改善したが、通常よりはまだふらつきはある。
(警戒心がいつもより多いからか)


処方した時以来の舌診。

「小さくなってるね」


私も少し前に鏡見てそう思ってた。
舌が浮腫んでないということは、体内の余分な水分が排出されたということ。

(漢方では体内に余分な水分があると、不定愁訴が出ると考えられている。
ふらつきやめまいもその一つ。加味逍遥散単独で服用してても、舌が浮腫んでいた。)


飲み始めた頃、トイレの回数が増えた、尿が多くなった、
喉が渇いたことを、今さら報告。

「体内に溜まっていた余分な水分を出したんでしょうね」

やっぱりね。

「それからは、また普通になりました」と言うと、

利尿剤は無くなってもじゃんじゃん出すけど、この漢方は余分な分出したら、
もう出さないから



舌も小さくなったし、ふらつきも減ったということで、
加味逍遥散単独にするか、もう少し半夏白朮天麻湯を続けるか、
の選択になったので、

「もう少し続けたいです」と要望する。


以前紹介した、漢方薬を扱う総合医の先生のブログに、
梅雨は水分代謝が悪くなると書いてあったからだ。

そのことをS主治医に話してみた。

「これから梅雨になりますけど、体調崩しますよね~」

そしたら、同じように

「梅雨は水分代謝が悪くなるから、予防として飲んでおくといいですよ」


なので、このまま続けることに。


今年の梅雨予想はどうなってるのかな。
長梅雨にならないといいな。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

ぬか喜びに終わるといけないけど、メモ代わりに書いておくことにする。

タイトルの「フェアストン怖いです」が、私にとってです。
今服用の方全てに当てはまらないのでご理解ください。


総合診療科で処方された、半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)を
昨日2包飲み、今日起床。

なんだか、頭のふらつきが少し減っている気がする。

めまいで入院してから、過緊張にあるので、
体の浮遊感はいつも以上ということに、変わりはないのだが、
昨日まではリラックスしてても、どこか頭がふらついていたもん。

漢方薬って即効性のものもあるもんね。


この、半夏 白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)
このブログに原典が掲載されている。→かけだし総合医チュウの漢方カルテ


抜粋します。

原典は脾胃論で,「眼黒く頭旋り,悪心煩悶。気短促,上喘し力無くして言うを欲せず。
心神顛倒し,兀兀(ごつごつ)やまず。目あえて開かず。
風雲の中にあるがごとく,頭苦痛して裂くがごとく,身重くして山のごとし。
四肢厥冷して安臥する事を得ず」とある。


ということで、

平素より胃腸が虚弱で,胃内停水があり,外感や精神的ショックや不摂生などで胃内の水毒が動揺して上逆し,
頭痛,めまい,嘔吐を発するものに用いる。


と、ある。


これを読むと、やはりフェアストンの副作用下痢がそもそもの原因だったと思われる。


恐ろしいや、フェアストン!!!!!




元々の体質も加味されるが、ほんと副作用って体のバランスも崩してしまうんだ。
どれだけ病院で訴えても、不安のせいにされちゃうなんて、それも怖い。

一昨日の総合診療科でも、「いつもの不安の時と違うんです!」と討ったえたんだけどね。
主治医が漢方医だったから良かったものの、乳外や内科でどれだけ討ったえても
不安からだと、終わってたと思う。


フェアストン服用開始が2月11日。
下痢はほどなくして始まってた。
3月18日にめまいを起こし入院。
26日で服用中止。


約1ヶ月下痢してたことになる。
最後の方は食べたものほとんど出ていた。

やめて3週間薬はとっくに抜けてるだろうけど、
体内の水分バランスが崩れたままだったんだろうな。

私もね、いつもと違う、あの下痢が絶対影響してる、
と思ってたんだよ。

自分の体のことは、自分が一番よく知ってるのかも?


めまいのある方、この漢方以外にも何種類か、めまいに適合する漢方薬があるので、
一度漢方医に相談するのも手かも知れません。


と、ここまで書いたけど、まだ服用2日目だし、
今日だけかも知れないから、断言出来ないのだが.................

もしそうだったらごめんなさいm(__)m
私自身期待して違ったらなんなので、極力意識しないようにしたい。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

もはや、どのカテに書いていいのか、わからなくなってきた。


今日は乳腺外科と同じN大の総合診療科受診の日。

診察室に入るなり「どう?」と訊かれ、
「ノルバデックスは今日で4日目ですけど倦怠感は出てないです」と報告。

「じゃあ、ふわふわも良くなってきたね」と言われたので、
「いえ、全然変わりないです」と答えると、
「え?」とS主治医。


「恐れていた倦怠感が出なかったのに?」

「もう、ふらついてることに不安になってます。
でも今までこんなの長引いたこともひどかったこともないです。
どこか悪いのかも?脳とか・・・」

と訴えると
脳の症状ではないとのこと。

脳梗塞も脳出血も脳腫瘍も出てくる症状は同じ。
今のあなたの症状とは違う。

と、はっきり言われ、そちら方面は安心なんだけど。



会計待ちの時間潰しに、1人院内ドトールしてて、少し体勢を前かがみにしたら、
ふわ~~と来て、こりゃ倒れると思ったら、
もうそこから不安で不安で、速攻店を出て、父が待ってる正面受付へ逃げこんだ。


さっき帰宅して、こういう話理解してくれる、16歳上の男性に電話したら、
ちょっと不安な気持ちもおさまってきた。


で、話は前後するが、
今日、めまいに効く漢方薬が処方された。


ツムラ37 半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)おくすり110番

苓桂朮甘湯でもいいけど、と言っていた。

漢方ではめまいは水毒を疑う。
水分停滞し、めまいやふらつき、頭重が起こるとされている。

舌を診察したら、やっぱり舌が浮腫んでるって。

この漢方は心因性のめまいにもメニエールなどにも
効くらしから、しばらく続けてみよう。


昨日はさ、服買いに行って、帰りは喫茶店へ行って、
行動出来てうれしかったのにな。

1歩進んでもまた逆戻りで嫌になる。
それにしても私、どうしちゃったんだろう?

フェアストンに替えてから調子が悪くなったのは確かなんだけど、
もう3週間飲んでないのにな~...............


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。