治療編(リュープリン ノルバデックス+子宮がん検診)

ここでは、「治療編(リュープリン ノルバデックス+子宮がん検診)」 に関する記事を紹介しています。

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

ただでさえ不安感か強くなっていたのに、今週辺りからさらに強くなった。

血流がさらに悪くなって頭ぎゅーぎゅーで浮遊感もひどくふらふらくらくら。
吐き気でえずくし、だからなのか、不安感もひどく何一つ良い方に考えられない、
という状態に。

そんな状態なのに、火曜、水曜と踏んだり蹴ったり。

簡単に書くと、

火曜→自宅前でヤンキー女に絡まれる(そして応戦するw)
水曜→耳鼻科受診。代理医師&看護師のハラスメントに合う。(投書予定)

ボロボロですよ、ボロボロ。

絡まれたのは基地の外の奴だったと思えばそれでいいんだけど、
水曜は最悪。

まあこれは次回にでも....................


そして昨日、再びカンジダような症状で婦人科受診。
ついでに生理が4ヵ月来ないので、来る前兆があるか診てもらった。

そしたら、

「内膜が9ミリあるので、待ってれば来ますよ。
まだ閉経じゃないですね。」

と言われ、連日の嫌な出来事が吹っ飛んだ。


そして夜寝る前、、、トイレに行ったら早速生理!!!

生理が復活して6回目。
前回は5月6日なので4ヵ月ぶり。

あの不調はPMSも重なってたんだ。
ただでさえ不調のところに低気圧もあり、さらにPMSがのしかかり、
ってことだったみたい。

そっか~、今思えば髪がいつも以上にべたついてたもんな~・・・・


昨夜は眠れず、今日ふらふらだったけど、
あのどうしようもない不安感は今日減っていた。

今日精神科に予約入れちゃったよ。
先週受診したばかりなのに・・・・


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

スポンサーサイト
はいタイトル通りです。

5月6日にリュープリン終了後、5回目の生理が来た。


ここで今までの経過を書いておく・・・・・


2010年11月からリュープリンとノルバデックス。
2014年4月2日 最後のリュープリン(3年半接種)

1年10カ月後、生理復活

2016年 

3月13日
6月22日
10月10日

2017年

2月13日
5月6日


復活した最初の生理が、まるで水道の蛇口が壊れたのかというくらい量がすごく、
1時間おきにトイレに駆け込んでいた。

2回目は多少少なくなり、3回目も同じくらい。

4回目で減り、ホルモン治療始める前くらいに戻っていた。
そして5回目も同じくらいの量。

これはもう月経過多ではないと思っていいかな。

これで生理が来たってビビることはない(笑)


それと、今までは1回目を除き、突然来ていたが、
今回はPMSが数日前からあった。

頭皮と髪がべたついていた。

気温が上がっただけかな~と夏用のシャンプーに替えたくらい。

それと頭の締め付けもひどくなって
軽い下腹部痛と腰痛があった。あとイライラとだるさもだ!(笑)


う~~ん懐かしい感覚。

でもホルモン治療前ほどのひどいPMSではないので全然耐えられる。


約3ヶ月おきくらいにやってくるし、ちょうどいいかも知れないな~~






にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

昨日(1日)は、3ヶ月に1回の乳腺外科の日。

もう話すこと、何もない。
以前のことを考えると信じられない。


T主治医からは、「生理来ましたか?」

「前回の診察後来ました。3ヶ月半に1回くらいの間隔で来ています」

と生理の報告w


量もまだ多いが、少し減ったことも報告。

「最初は、大量だと言う方が多いですからね」


私もこれからさらに減っていくのかも知れない(喜)



次回8月は、7年検査。

検査と診察が同じ日に取れなかったので別々に2回行かなければいけない。
検査の日は総合診療科と合わせることにしよう。



それで今日、ノルバデックスを取りに調剤薬局へ。

薬剤師さんが、

「あれ?薬はいつまで?」

「今年で7年だから・・・あと3年。5年でいいと言われてるけど、怖くてやめられないぃぃ」

と答えると、爆笑されたw



帰り道ふと思った。

私は乳がん患者なの?
乳がん患者っていつまでを言うの?

服薬が終われば、乳がん患者ではなくなる?
“治療”してないのだから。

そうだとすると、私は5年でいいのに自主的に延長しているのだから、
すでに乳がん患者じゃないのかな??

なんて考えながら帰ってきた。



乳がん患者って、いつまでを言うんでしょうね。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

一昨日(22日)に2週間前に受けた子宮がん検診の結果を聞きに行った。

頸がん、体がん、共に異常なし。


結果待ちのこの2週間の間に、またまたお下のトラブルに見舞われ、
治ったのだが、一応婦人科医に話してみた。

「コンベック(抗炎症鎮痛剤軟膏)で治ったのなら、大したことではなかったと思いますよ」

と言われ、ほっと一安心。


今年は夏からカンジダを繰り返し、婦人科へはよく通ったな~
来年はもう結構ですからー(*´Д`)

と、言っても、女性ホルモン減少が影響してるから、
また何かトラブル起こるのかな~と考えると憂鬱なので、
もうそん時はそん時で~、ということで、婦人科は今年終了!


来週月曜(26日)は総合診療科納め。

前回受けたアレルギー検査の結果が出る。
さて、桃アレルギーは、あるやなしや!

なかったら、来夏は桃食べまくりまっす(`・ω・´)


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

毎年12月に子宮がん検診に行っている。
今年は学習して、年末ではなく早めに予約を入れた!
(いつもの女医の曜日に)

子宮頸がんは必要ないかと思ったけど、してもらった。

内膜は厚くない。だからか、子宮内膜をつまんで採取するの痛かった( ;∀;)
乳がんになる前は鈍痛がするだけだったのに。リュープリンしてからは激痛。
生理復活してからかなり痛みが減ったのに、また痛いってことはもう内膜も、そしてもう生理来ないかも(泣

子宮筋腫は4.6cm、以前と変わりなし。

性交時出血があるので相談すると、、、、

「ホルモンを抑えてきたから、膣粘膜が硬くなっていて伸びが悪いのね」

と・・・前回の診察で、委縮性膣炎と言われているので、その症状だろう。

膣内に炎症がないか訊いたら、少し赤いと言われた。


なんだか、夏からカンジダの治りが悪くなったり委縮性膣炎でおりものが多かったり
出血したりといろいろあって、ノルバをやめたくなってきて、やめたら元に戻るのか訊いたのだけど、

20代30代だと、タモキシフェンをやめたら元に戻るけど、この年齢だと難しい。
そうじゃなくてもそういう症状があるので


と言われてしまった。年、年、年、年・・・・・・


特に婦人科では、年齢のことをいつもいつも言われる。

43歳の女性としての時間もあと数年という時に乳がんになってしまって、
もう罹患する前には戻れないなんて、悲し過ぎる ( ;∀;)

ショックを和らげるために、顔文字使ってみたけど和らぐかいな!!


でもでも、婦人科医は口をそろえて言った。

「リュープリンやめても、もうその年齢だから生理は復活しないでしょう」

と。でも戻った。

もしかしたら、ノルバをやめれば、この委縮性膣炎だって治るのでは?


はい、今回もそう書いてはみても、怖くてやめることは出来ないのでしょう。

あ、そうそう、最新治療で、膣粘膜の細胞を若返らせる施術があるのだとか。
全国にまだ数台しか機械がないらしい、安全性はどうなんだろ?
もっと普及すればいいのに。

ともかく、子宮がん検診の結果は2週間後。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。