乳がん がん友交流記

ここでは、「乳がん がん友交流記」 に関する記事を紹介しています。

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

本日ブロ友さんと名古屋で2人オフ会してきました!
乳がんブログのブロ友さんと、オフ会するのは初です。


昨日あんな風に不安がひどかったので、
前回に続き、今回も行けないのかなぁと思ってましたが、
今朝起きたら、さほど体調も悪くないので、
やっとお会いすることが出来ました。


オフ会 


今日お会いしたのは、ココアのhappy paletteのココアさんです!

岐阜に赴任してる息子さんが、東京へ転勤となり
こちらにいらっしゃるのも、今回が最後なので、
会えて本当に良かったです。


体調に波のある私をいろいろ気遣ってくださって
ありがとうございました。

ココアさんとお話して、勇気を頂きましたよ(*´∀`*)

また機会があったら、今度はひつまぶしでも
ご一緒してくださいね♪

あ、私の不安がもっと減ったら、東京にもお邪魔出来るかも~

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク


ネタ切れにつき、以前書こうといしていたがん友さんの主治医の話し。


がん友Mちゃんは、妹のママ友さん。
2010年の1月、市の検診でしこりが見つかり、医療機関へ精密検査に行くとことになり、
何度も乳がん検診をしている私に電話があった。


「しこりと言っても、良性の乳腺線維腺腫の可能性の方が高いから
大丈夫よ~ がんなんて確立低いんだから~」

なんて励ましたのだが、残念なことに乳がんだったのだ。

温存も出来たのだが、Mちゃんは乳腺を残すことに不安があり、
全摘を希望した。

術前の検査では大人しい種類の乳管がんだと言われていたのに、
病理結果はグレード3。HER2スコア3、ホルモンレセプター+だったのだ。

このMちゃんの主治医は女性で、術後抗がん剤治療の最中にとんでもないことを言い、
Mちゃんは恐怖のどん底に叩き落とされた。


「あなたは再発してもおかしくないんだから」


そう言ったのだ。
Mちゃんは当時、今以上に脅えてしまってた。


そのMちゃん、今年1月にPET検査を受けると言っていたので、
どうなったか訊いてみたら、2月に延期になったとのこと。
なんでだろうと思ったら、その女医、


「なんか再発しない気がするから

2月でいいかな」

と言ったそうだ。


は?は?は?何それ!!!!


再発してもおかしくないと脅かしておいて、
今度はしない“気”がするだと?!

“気”ってなんだよw あんた医者だろw 
占い師でも霊媒師でもないだろw

「なんだよ、それー 前は再発してもおかしくないって言ったんでしょ?」とMちゃんに言うと

「もう慣れっこになっちゃった。それってネタかよw 
あなた医者でしょ!って思うようなことしょっちゅう言うからさ」


って・・・・・・・


Mちゃん心中お察しします。
私なら、猛烈に叩きのめしてるだろうなw
Mちゃん優しいから。

MちゃんのPET検査きっと異常なしだ。
だって血管痛の酷い抗がん剤と、1年間ハーセプチン頑張ったんだもん。
がんなんてもう体の中から消えてなくなってるよ!

そうそう、Mちゃんは乳がんになってから食事にすごーーーく気をつけていて、
がんになる前の食生活にすっかり元に戻ってる私が、
見習わなければいけないところいっぱいなのだ(´・ω・`)



ランキング参加しています
応援して頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

どれくらいぶりだろう。
N大学病院で知り合った、がん友T美さんに会うのは。

一昨日、いつものコーヒーショップに現れたT美さん。
見てすぐわかるくらいほっそり痩せていたもんだから、もうビックリ!
元々美人だったから、輪をかけて美しくなっているし。

同じく乳がんの術後、ホルモン治療をしていて、
太ったやら浮腫んだやら言っていたのに、その面影もない。

どうやって痩せたのか訊ねると、
「リンパマッサージに通ってるの」と。

あ~、やっぱりお金かけないと痩せないのかな。

私はと言うと、最近再会した男友達に、「お母さん」と呼ばれる始末。
「やめてよねー、その呼び方ー」と怒ってやるのだが・・・・・。

今日、試着室の鏡に映った私は、
まさしく逞しいがたいの「お母さん」だったのだ。

儚げだね」と言われてた1年前のスリムな私よ、
カンバーーーーック!!!



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

愚痴です。弱音です。
情報サイトではなくブログだから許してぇー

カテをホルモン治療からがん友に変えてと・・・・


一昨日、ひさびさN大学病院で知り合った、T美さんとお茶。
T美さんは一時期、浮腫みと体重増加がひどかった。

「T美さん、浮腫みはどう?最近術側の手が浮腫むんだけど」
の問いに、

「術側は日によって違うけど、浮腫むよ~」と。


手をにぎにぎすると浮腫んでるのもわかるって、同じこと言ってた。
右手は効き腕だから左より指輪のサイズも大きく、太いのはわかってるけど、
手をにぎにぎと、開いたり閉じたりしなくても、腕にも違和感が出るからわかるのよね。

体重もまた増加。現在47.6キロ。
早弁で太ってしまって、人生一度きりのダイエット経験のある高校時代と同じ体重。
今は普通に食べているだけなのに太る。
しかも中年だから肉の付き方が違うil||li_| ̄|○il||l

下半身にとくについてる。
昨夜、ひょっとしてこの足って肉じゃなくて浮腫んで太いのでは?と
すねを押しまくったが、すぐに元に戻る。やはり肉か・・・・・・


あと食事。
乳製品を解禁してしまったので、ケーキを食べる食べる。
それにインスタントも食べる食べる。

乳がんの薬の副作用で太っている人にあるまじき食生活。
血圧も高いんだから塩分だって控えなきゃいけないのに;;


昨年のあの危機感はどこへ行ったんだ。
のど元過ぎればというやつか。

今も昼食にレンジでチンする冷凍のチャーハン食べてしまった・・・・
雨が落ちる前に歩いてこよう。


体重はともかく、浮腫みはすごく気になるので、
来週の乳腺外科(3か月検診)の時に相談だ。

では、ウォーッキング行ってきます!!




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

ずっと書けずにいました。

N大学病院で手術前に知り合ったNさん。
術前ホルモン療法の臨床試験に参加していて、
半年間フェマーラを飲んだ後、今年1月に温存手術を受けた。

退院して数日経つから、電話でもしてみようと思っていたら、
Nさんからかかってきた。
てっきり自宅からだと思ったのに、まだ入院してると言うではないか。

そうなのだ。
脇のリンパ節に転移があり、リンパ郭清していたのだ。


なんで!!

閉経後で、ホルモンレセプター+、HER2-でⅠ期対象の試験のはず。
脇への転移もないと言われてたのに、なんで・・・・

「こんな試験に参加なんてしないで、すぐに手術してれば転移なんてしてなかったかも」

そういうNさんになんて声をかけていいのかわからなかった。
フェマーラ服用中、腫瘍の大きさを何度も測っていた。
でも誤差程度しか小さくなっておらず(変化なしととらえたらいいのか)
何度も試験の参加を取りやめるか迷っていたのだ。

私がもっと強くそうするよう勧めていたら・・・・・・

リンパ節転移と言っても、センチネルリンパ節に微小な転移が1つのみだ。
T主治医もすでに転移はしてたか、それはわからないと言うだけ。

そりゃ誰にもわからないことだろう。
でも手術を伸ばして小さくするような大きさでもなかったことは、誰でもわかる。



抗がん剤治療をするか、Nさんはとても迷っていた。
以前ならセンチネルだろうが転移をしていたら、抗がん剤は絶対だった。
でも今は、1個なら省略しても再発率に変わりはないと言われ始めているらしい。

T主治医もどちらとも言えないらしく、浜松オンコロジーにセカンドオピニオンに行ったが、
その医師も同じことを言ったそうだ。

結局抗がん剤はやめたNさん。
その後の試験の振り分けで、抗がん剤なしのグループに入った途端、
「なしのグループでほっとしている」とT主治医が言ったとか・・・・・


こんなこと書いて良かったのかな?・・・
でもこうやって臨床試験に参加してくださる大勢の方がいて、
今の治療法が確立しているのだと思うと、書かずにはいられなかった。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク