乳がん おすすめ本

ここでは、「乳がん おすすめ本」 に関する記事を紹介しています。

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

ふとしたきっかけで訪問したブログ、

オンナのサバイバル日記

管理人は乳がん患者でフリーライターの
片野あかりさん

このブログを元に乳がん闘病記が出版されたということで、
早速購入してみた。

タイトルは、 「三十路 独り身 リアル乳ガン闘病記」

想像以上に面白く、引きこまれるようにページを進めた。
何がいいかって、綺麗ごとが一切ない、それこそリアルに本音で書かれた
闘病記なのだ。

面白いだけではない、泣ける場面もある。
第6章の「不良息子と対面」だ。
病理結果から再発予防の手段がないと聞かされ、

特別でも何でもない一人だけど、死ぬのは嫌だ。
そこに意味があるかなんて関係ない、理屈じゃない、
私は、とにかく生きたいんだ!

というくだりがあるのだが、同じ独り身として、
何度読んでも胸にぐっと来て泣きそうになる。

そして、著者が終始言い切った言葉、
「ガンになんかならないに越したことはない」

そうだそうだ綺麗ごとなんか聞きたくない!
そう共感しつつも、最後、“今病気で悩んでいる人も、
病気をしたことによって何かを手に入れるチャンスも同時に来ているかもしれない”と、
結んでいるその著者の心境に、早くたどり着きたいなと思いながら、
本を閉じた。


「三十路 独り身 リアル乳ガン闘病記」
読んで絶対損のないエッセイだと思う!

三十路、独り身、リアル乳ガン闘病記

新品価格
¥1,260から
(2011/2/2 14:53時点)



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク