不安神経症のリハビリの最中乳がんに。「なんでまた私なのよー!!!」と嘆いてもいられず・・・怒涛のしこり発見~治療記録の赤裸々本音ブログです

スポンサードリンク


乳がん闘病記22歳から不安神経症を患っていた私、予期不安のみになりリハビリの最中の 2010年に今度は乳がんに!!
このブログはその記録と日記を書いています。
2010年1月:43歳になる年、10回目の検診で右胸にしこり発見 。細胞診の結果良性 。
4月:3か月後の経過検査で見逃される。
5月:自ら受けた2度目の細胞診でほぼ癌と判明。
6月:告知、8月:右乳房温存手術
9・10月:放射線治療 11月からホルモン治療中。

一昨日(5月13日)に総合診療科の診察があったので、
早めに行って、口腔外科も初診でかかってきた。


前回、歯茎にできものが出来たという記事はこちら




道が混んでて、初診の受付締め切り時間の11時を少し過ぎるので
電話をしながら玄関から口腔外科まで上がって行ったw

40分ほど待って呼んでもらえた。


歯をとんとんしたり、熱を加えて熱いか検査したり、
写真撮ったり、レントゲン撮ったり、、、1時間半くらいかかったよ(*´Д`)



診断。

奥の歯の神経が死んでて、根に菌が入り化膿、
それが歯茎に出てきた。


そんなことあるんかーー
歯茎にまあるくできものが出来たら、歯茎が原因だと思うじゃないかー

一つ前の記事にも書いたけど、乳腺外科の診察の時に、T主治医にも訊いてみたの。

そしたら、「瘢痕じゃないか」って。

傷の後に出来る盛り上がり。私もてっきりそれだと思ってた。



てか、それじゃないの??

だって、歯全然痛くないんだもん。
根に菌が入ると痛いじゃん。なのにぜ~んぜん。

でもね、わっかい初診の女医さんと、もう1人いけすけない(失礼・・)
もう少し歳いってる(でも若い)男性医師の2人がそういうから、
間違いないのかな~・・・・・


ともかく、罹りつけの歯科医院に紹介状書いてくれた。

でもね、うちの罹りつけの歯医者さん、
無理な治療しないので、根が痛くて受診しても、
我慢できる程度なら、そのうち治まるから、って治療なしなの\(^o^)/

だから、痛くもないのに受診したって、結果は見えてるww

でも一回行った方がいいのかなー?
悩むところだけど、少し様子見よう。あまりにも消えなかったら行くけど。


ということで、「腫瘍の可能性はゼロですか?」と確認したら、
「虫歯の治療すれば治りますよ~」と笑って言われたわたくしでした。



安心、、、、していいんだよね?

疑りぶか~~~~い。
だって乳がんもしこりあるのに、良性って出て1年後でいいよって言われたもーーんヾ(≧▽≦)ノ



※書き忘れた

あれだけいろいろして、診察代1,200円だった。神!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク

先週水曜日(5月8日)は3か月に1度の乳腺外科の診察だった。

乳腺外科的には、まったく変わったことはなし。
いつも通りノルバデックス3か月分処方。

次回は術後9年の検査。

予約時間2時間遅れで、5時を過ぎていて、検査と次回の診察の予約が入れれず、
総合診療科受診の時に、乳腺外科のクラークに来て予約を取って、ということになった。

乳腺外科の話はそれだけで・・・・

歯茎に出来たできものについて質問してみた。

「腫瘍って化膿しませんよね?」と。

そしたら状況による、という返事。


3月10日にできものが出来て、2回化膿しその度に小さくなっているが、
消えずにある、と話してみたら、、、

「瘢痕でしょう。口腔外科受診した方が早いですよ」と言われた。

瘢痕(はんこん)とは傷のあとに出来る固く赤くなった状態のこと。

総合診療科で口腔外科への「他科診察依頼」だったかな、書いてもらったので、
行くことにした。

で、今日がその日だったので、結果は次の記事で書きます~
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 




スポンサードリンク